ハゲ・薄毛に効果的な湯シャンの方法【逆効果な方法も解説】

湯シャンの方法
湯シャンとは、市販されているシャンプーやトリートメントを使わず、お湯だけでシャンプーすることです。

湯シャンには様々な情報が交錯していますが、今回はハゲや薄毛に湯シャンは効果的かどうかを考えてみたいと思います。

湯シャンのメリットとデメリット

一般的には洗髪をするときにシャンプーを使いますが、髪が気になる方の間では湯シャンの効果に注目している人が多いようです。

まずは、湯シャンに関するメリットとデメリットを見ていきましょう。

湯シャンのメリット

湯シャンのメリットは

・シャンプー代を節約できる
・シャンプーに配合されている成分の影響を受けない
・シャンプーの洗い残しによるフケが出ない
・抜け毛が減ったり髪質が良くなる人もいる

という情報を良く見かけます。

万人にとって共通となるメリットはシャンプー代の節約です。

シャンプーの買い替えって1ヶ月に1回程度だと思いますが、1,000円のシャンプーを1年間使うと12,000円、割と大きな節約効果がありますね。

長い人生で計算してみると、50年間ずっと湯シャンで生活した場合は12,000円×50年=600,000円の節約となります。老後にちょっとした貯金ができるほどの節約効果があるので、このメリットは非常に魅力的です。

湯シャンのデメリット

湯シャンのデメリットは

・シャンプーの配合成分から頭皮環境を改善できない
・抜け毛が増えたり髪質が悪くなる人もいる
・頭皮環境が悪化してかゆみやフケが増える

といったあたりに注目しておきたいところです。

ハゲや薄毛に対して湯シャンが効果的かどうかの焦点となるのは、シャンプーの配合成分です。

湯シャンは危険?

湯シャンのメリット&デメリットの延長として、ネット上では「湯シャンは危険!」なんて情報も良く見かけます。

湯シャンが危険とされる理由は、シャンプーを使わないことから「頭皮環境の悪化」に収束されます。

頭皮にカビが生える説を唱えている方もいるようです。

湯シャンの方法

湯シャンの方法
湯シャンには賛否両論あるものの、「やってみよう!」という方もいらっしゃるかと思います。

湯シャンの方法はとても簡単です。

・洗髪する前にしっかりとブラッシングする
・お湯で髪を洗う
・洗髪後はすぐに乾かす

ブラッシングでほこりやフケを取る

湯シャンをするときは、洗髪する前にブラッシングするのがスタンダードなようです。

最初にブラッシングしておくことで、髪についているほこりやフケを落とすことができます。

ほこりやフケは洗髪で落とすことができますが、シャンプーを使わないだけに洗髪効果を高めるために考えられた方法だと思われます。

基本的に髪が長い人の場合は、シャンプーを使って洗髪する場合もブラッシングしておく方が便利です。ブラッシングしてから洗髪すると髪が絡まりにくいので、洗髪の効果は多少上がりそうです。

お湯でしっかりと髪を洗う

湯シャンのお湯の温度は熱い方が良いという情報もありますが、あまり温度にこだわると頭皮がやけどしてしまう可能性もあるので注意をしておきましょう。

洗髪するときは「髪」「頭皮」の両方をしっかりと洗います。

頭皮を洗わなければよごれや皮脂が取れませんし、1日の生活で髪には匂いや皮脂が付着しています。

また、頭皮をマッサージするように洗髪しておくと、頭皮の血行が良くなる説があるので合わせて実践してみましょう。

洗髪後はすぐに乾かす

湯シャンをしたらすぐに髪を乾かしましょう。

濡れた状態で髪を放置すると、雑菌が湧く説を提唱している人もいるようです。

ハゲや薄毛に湯シャンは効果ある?

湯シャンの方法
ハゲや薄毛に対して「シャンプー」VS「湯シャン」はどちらの方が効果があるのか?

ハゲや薄毛を改善したいのであれば、シャンプーを使って洗髪する方が良いです。

そもそも、どうして育毛剤や発毛剤が市販されているのかを考えると簡単に答えに辿り着くことができますね。

ハゲや薄毛が進行していない場合

今のところ、特にハゲや薄毛が進行していないという場合は湯シャンでも良いと思います。

シャンプーを使う方が頭皮のよごれや皮脂をしっかりと落とすことができますし、1日の生活で染みついた匂いも落とせます。

しかし、シャンプーを使わないからといってハゲるとは限りません。

ハゲや薄毛になる原因の1つに頭皮環境がありますが、そもそも遺伝でハゲが進行するなら頭皮環境を改善したところでハゲる可能性の方が高いと考えることもできます。

数ヶ月洗髪しなくてもハゲなかったんだが・・・

筆者はアパレルで働いていた時にドレッドヘアをしていました。

1本が親指くらいの太さでエクステを混ぜてドレッドを編みましたが、ドレッドはとにかく洗髪に時間がかかるので面倒でした。

そもそも、ドレッドは頭皮を揉み洗いすることしかできず、髪を洗うと編み込んだドレッドがほつれてしまいます。

また、最も面倒なのがドライヤーでした。ロングドレッドだったということも大きな理由ですが、15分~20分ほど1本1本を丁寧に乾かす必要があり、放置すると雑巾のような匂いがして最悪でした。

で、最終的にたどり着いた境地が「髪を洗うのやめる」でした。

最初は1週間に1回だけ洗うなど工夫しましたが、特にかゆみが出るわけでもなかったので2ヶ月ほど洗髪しないことがありました。

ドレッドは頭皮環境という意味合いでは最悪なヘアスタイルであり、洗髪回数が少ないので頭皮がベトベトになりますし、1本が重いので髪をくくった時に頭皮が痛いことも多々あります。これを脱毛症に例えると、牽引性脱毛症になる理由と全く同じです。

かれこれ2~3年ほどドレッドしていましたが、未だにハゲは見られません。

この経験から、ハゲや薄毛は頭皮環境だけで決まるとは限らないという感想です。

ハゲや薄毛が進行している場合

ハゲや薄毛が進行している場合、湯シャンとシャンプーなら後者の方が改善への期待値は高いでしょう。

やはり、ヘアサイクルという理論からいうと頭皮がよごれているほど髪の成長を阻害される可能性の方が高いので、育毛剤や発毛剤を含めてシャンプーを使う方が期待値は高くなります。

しかし、すでにハゲや薄毛が進行している状態でシャンプーを使うと改善できるのであれば、世の中にハゲで悩む人は殆どいないはずですね。

これは湯シャン生活を送った場合も同様だと思われます。

ハゲや薄毛の焦点は原因にある

ハゲや薄毛を改善するための焦点となるのは「原因はなにか?」です。

・ストレス
・生活習慣
・遺伝

ハゲる原因は本当に様々な原因があり、円形脱毛症だけに的を絞ってもストレスや自己免疫疾患など解明されていない部分も多々あります。

湯シャンがハゲや薄毛に対して効果があるかどうかを考える時、そのテーマは「頭皮環境の悪化でハゲる」に絞る必要があります。

頭皮環境をテーマにすると薄毛になる可能性が高い

シャンプーの宣伝では「○○成分から汚れや皮脂を落とし、頭皮環境を改善します!」なんてセールス文句を良く聞きますね。

シャンプーは製品によって配合成分が異なるものの、基本的には頭皮の汚れや脂を落として頭皮環境を整えるといった商品が殆どです。

また、育毛剤や発毛剤の場合も薬用成分が配合されていない限り、効果は一般的なシャンプーと殆ど変わりません。

さて、湯シャンの効果を頭皮環境にテーマを絞った場合、これは湯シャンとシャンプーなら湯シャン生活を送る方が薄毛になる可能性は高いです。

筆者のように湯シャンどころか洗髪をしなくてもハゲないケースもありますが、確実に頭皮環境は悪化しますね。

どうしてシャンプーの方が汚れが落ちるのか?

髪の毛は1本1本に毛穴があります。

毛穴に汚れや脂が詰まると髪の成長を妨げることがあるため、頭皮を清潔に保つことはとても大切です。

湯シャンよりもシャンプーの方が頭皮の汚れを落としやすい理屈としては、シンプルに泡立ちがあります。

シャワーで強めにお湯を出して毛穴に浸透させるなど工夫をすることは可能でしょうが、シャンプーのように泡立ちから1つ1つの毛穴に対してアプローチすることは難しいですね。

また、シャンプーに配合されている成分から汚れが泡にくっついて洗い流すことができるという理屈からも、やっぱり湯シャンよりシャンプーの方が清潔な頭皮を保ちやすいだろうと思われます。

薄毛になってからシャンプーは遅い

一般的に発毛剤や育毛剤は薄毛になってから使う方が多いですが、基本的に薄毛になってから使っても原因によっては全く効果がありません。

ヘアサイクルが乱れる原因は、薄毛になる原因と同じようにストレスや遺伝など様々な理由があります。

薄毛になってからシャンプーを使ってハゲが改善される場合、配合成分の恩恵を含めて頭皮環境が改善されるケースが大半です。

また、一般的に自己診断で薄毛やハゲの原因を確実に特定できる人はいないため、シャンプーを使いながらも生活習慣の改善など出来る対策をすべてやるというのがベターです。

ハゲや薄毛になってから湯シャンは効果なし

さて、結論としてハゲや薄毛になってから湯シャン生活を送っても改善できる可能性は低いです。

湯シャンによってハゲや薄毛を改善できるケースとしては、今まで使っていたシャンプーによって頭皮環境が悪化していたケースでしょう。

この場合、筆者の経験に当てはめると洗髪しない以上にシャンプーによるダメージが強かったことが想像できますね。

まとめ

ハゲや薄毛に効果的な湯シャンの方法は以下のケースのみです。

・今まで使っていたシャンプーが原因で頭皮環境が悪化した

湯シャンを実践した方々からは様々な情報が交錯していますが、基本的に湯シャンでハゲや薄毛が改善されたというケースは湯シャンでなくてもシャンプーを変えるだけで同じ結果になるだろうと思われます。

あるいは、人体には自然治癒という不思議な力が秘められており、「湯シャンによってハゲは改善される!」という強い思い込みによって細胞が本来の役割を取り戻したという説もありそうです。