高校生でもハゲる可能性あり?高校生でハゲる原因・対策など解説

高校生のハゲ
高校生にとってもハゲは他人事ではなく、人によってはハゲることが十分に考えられます。

基本的に高校生のハゲ対策は、毎日の生活で食事や生活習慣を見直すことがベースなので、今日から改善できるポイントを意識して生活を送るようにしましょう。

高校生がハゲる原因

高校生のハゲはいわゆる「若ハゲ」と呼ばれることが多いですが、その原因をまとめると以下のようになります。

・栄養バランス
・ストレス
・遺伝
・運動不足
・睡眠不足
・眼精疲労
・AGA(男性型脱毛症)
・自己免疫疾患
・その他、病気や治療による影響

上記は、高校生のハゲ特有の原因ではなく、大人が発症する脱毛症の主な原因です。

つまり、高校生のハゲというのは特別な原因があるわけではなく、大人がハゲるのと同じ原因から早期脱毛症になっているケースが殆どというわけです。

ハゲの種類

一言にハゲといっても、これはいろんなハゲがあります。

・AGA
・円形脱毛症
・牽引性脱毛症
・びまん性脱毛症など

上記以外にも様々なハゲの種類があるわけですが、どんなハゲに関しても様々な原因が考えられます。

例えば、男性脱毛症というAGAでは遺伝によってハゲることが多いと言われています。円形脱毛症ではストレスによってハゲることが多いと言われているものの、こちらも遺伝によって円形脱毛症を発症することもあります。

ハゲというのは謎が多く、今の医学でも完璧に原因が分かっているわけではありません。

遺伝が原因の場合でも、AGAという症例分類になることがあれば、円形脱毛症という分類になることもあります。

ハゲの治療方法

ハゲの治療方法は、以下の2択です。

①日頃の生活を改善して自然治癒
②クリニックで治療する

育毛剤や発毛剤を使うという場合、これも①に該当します。

どちらの方が良いのかは、ハゲに対する深刻さで判断するしかありません。

「ガチでハゲがやばいんだが・・・」と不安に煽られる生活を送るなら、1日でも早くクリニックへ行く方が良いです。

クリニックへ行くとハゲの原因を診断してもらうことができるので、これが最大のメリットでもあります。

病院の皮膚科など、高校生でも診断を受けられるところがあるので最寄りの医療機関を探してみてくださいね。

また、クリニックでは薬の服用から治療する以外にも、高校生の場合は①の生活習慣等の改善を指導され、これがハゲ治療のベースになることも良くあります。

それだけ毎日の生活習慣とハゲは深い関係性があることを覚えておきましょう。

ハゲた時の対策は?

すでにつむじや額などがハゲてきたという場合、それに対する対策は以下の2つです。

①ヘアスタイルを工夫する
②ハゲを改善させる

ヘアスタイルを工夫すると、薄くなっている部分を隠すことができます。

また、ヘアスタイルの工夫だけでは根本的に解決に至らないので、やはりハゲを改善することに努力することが欠かせません。

ハゲの改善方法は?

高校生のハゲ

上記で紹介したようにハゲの原因は色々とあるわけですが、自然治癒でハゲを改善させるなら考えられる原因すべてに対して改善の努力をしていくのがベストです。

・栄養バランス→食生活を変える
・ストレス→ストレスを発散する
・遺伝→クリニックで遺伝子検査
・運動不足→適度な運動
・睡眠不足→十分な睡眠
・眼精疲労→睡眠を含めて目を労わる
・AGA(男性型脱毛症)→AGAの原因に対する対策を取る
・自己免疫疾患→クリニックで相談
・その他、病気や治療による影響→クリニックで相談

栄養バランスを整えよう

栄養バランスは「栄養のバランスを整える」ことが大切です。

バランスよく栄養を摂取することで血液の質が良くなり、それは血行促進や良質な細胞など様々な好転へと繋がりますね。

ハゲに対して効果があるとされる成分は以下のようなものがありますが、栄養のバランスを整えることを優先しながら積極的に摂取するのが好ましいです。

・タンパク質
・亜鉛
・ビタミン
・ミネラルなど

何を食べれば良いのか分からない方は、以下を参考にしてくださいね。

・大豆系→タンパク質や亜鉛を摂取できる
・野菜ジュース→緑黄色野菜でビタミンを摂取できる
・鶏肉→ビタミンやミネラルを摂取できる
・わかめ→ミネラルを摂取できる
・ヨーグルト→タンパク質やビタミンを摂取できる

ストレスを発散しよう

ストレスはハゲの代表的な原因とされているため、とにかくストレスを発散させることに努めましょう。

ストレス解消はかなり奥が深く、自分が対応し切れないだけの過剰な重圧を感じると体が防衛反応を起こしますが、対応値を超えた場合に防衛機能が破綻してストレスとなります。

ストレスになると頭皮のハゲだけではなく、体の様々なところに変化が生じることが特徴です。

一般的に好きなことをしてリフレッシュするのが効果的とされていますが、根本的には「今、何に対してストレスを感じているのか?」を理解した上で、その問題を片付けることが完全なストレス解消となります。

学生生活では、新しい環境で生活をすることで知らないうちにストレスを感じていると言われているため、気軽に学生生活を送る意識を持ってみてくださいね。

遺伝ハゲは遺伝子検査で調べられる

遺伝によるハゲは、自分で解決することができません。

遺伝によってハゲているかどうかは遺伝子検査で発症リスクをチェックしてもらうことができます。

家系にハゲている方が多い場合、自分も遺伝によってハゲている可能性があるので、どうしても気になる方はクリニックで遺伝子検査を受けてみましょう。

適度な運動をしよう

運動をすることで筋肉が付き、筋肉というのは血行促進には欠かせません。

また、運動をしなければ肥満になりやすく、肥満になると血流悪化からハゲになることもあります。

ハゲに関する話題では、「血流悪化によって頭皮への~」という解説を見かけることが多いと思いますが、まさにそれです。

髪の毛というのは「休止期」→「成長期」→「退行期」をグルグルと周るヘアサイクルがあり、血流悪化はヘアサイクルを乱す要因とされています。

ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなることから、髪が生えるよりも抜ける方が多くなってハゲとなります。

しっかり睡眠を取ろう

睡眠不足は体に対して以下のような影響を及ぼすとされています。

・免疫低下
・肩こりや頭痛など
・便秘
・ホルモン変化
・肥満になりやすい
・集中力などパフォーマンスの低下など

睡眠中は成長ホルモンが活発になり、それによって髪が成長すると言われています。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減るため、ヘアサイクルの乱れに繋がる可能性があるというわけです。

夜更かしはほどほどにして、しっかりと寝ましょう。

目を休めよう

眼精疲労は頭皮血流の悪化によってハゲることがあるとされています。

特に現代はスマホを使う生活が主流であり、目が疲れやすい時代だと言えます。

眼精疲労にならないようにするために、一定時間において1分ほど目を閉じるという労わりが効果的です。

また、疲れた時は早く寝るということも意識しておきましょう。

AGAの原因と対策は?

AGAは男性型脱毛症と言われ、以下のような原因があります。

・遺伝
・男性ホルモン変化
・ストレスなど生活環境や習慣

このAGAに対しても、日頃の生活から自然治癒を試みるなら上記で紹介したようなポイントを改善していくしかありません。

遺伝やホルモン変化については、クリニックで診断を受けて治療を提案してもらうようにしましょう。

自己免疫疾患とは?

自己免疫疾患というのは、免疫が体の正常な細胞を敵だと誤認識して攻撃してしまう疾患です。

この自己免疫疾患は円形脱毛症の1種の原因として考えられており、免疫が誤って毛根細胞を攻撃することから重度の円形脱毛症を発症することが多いと言われています。

自己免疫疾患による脱毛症は、クリニックで治療に励むしかありません。

「汎発性脱毛症」

重度の円形脱毛症は「汎発性脱毛症って治るの?原因と症状・対処法を解説してみた 」を読んでおこう。

その他の原因に対する対策とは?

その他の原因では、生活習慣病によってハゲが進行したり、何かの病気を手術するなど治療行為による影響からハゲになることがあります。

これについては、ハゲの原因として考えられる病気や治療内容から対策を考えていく必要があり、担当医の話をしっかりと聞いておきましょう。

頭皮の脱毛が改善されるまで時間が掛かるなら、ウィッグを検討する必要もあります。

健康的な体を目指すことを心がける!

高校生のハゲ
さて、上記のような改善ポイントはハゲだけではなく、病気を予防して健康的な体を作るためにも重要と言われる内容ですね。

ハゲの改善はピンポイントに「ストレスを発散すればOK」というように狙い撃ちから対策することがほぼ不可能です。

何が原因でハゲているのか分からないところが医学的にも難題とされているため、可能性として考えられる点をすべて解決していくしかありません。

自己免疫疾患や遺伝など、日頃の生活による影響が原因ではない場合はクリニックに頼らざる終えないため、ご両親に相談をしながらクリニックへ行くことを検討してみてくださいね。

逆に日常生活では改善できるポイントが非常に多いことからも、健康的な体を作ることを目指せば自然治癒からハゲを改善できる可能性は大いにあると言えます。

改善の努力をしなければハゲが進行する可能性が高い

今の時点でハゲている場合、日常生活で改善できることに努力しなければ、今までの生活を送り続けるとハゲが進行する可能性が高いです。

やはり、自然治癒というのはヘアサイクルを正常に戻すことなので、何も対策を取らずに放置するよりは改善できるところを1つ1つ対策していく方がメリットでしょう。

頭皮環境を整えることも意識しておこう

紫外線を浴びすぎたり、頭皮が乾燥しがちな場合はハゲる可能性が高いです。

頭皮環境を整えることもハゲ対策としては効果的なので、シャンプーにこだわったり育毛発毛剤を試すことも1つの手です。