ハゲ散らかすってどういうこと?基準はあるの?

ハゲ散らかす
一般的にハゲが目立つことを「ハゲ散らかす!」と表現することがあります。

今回はハゲ散らかすの基準に迫ってみたいと思います。

ハゲ散らかすの基準に迫る!

最初に「ハゲ散らかす」の言葉の意味から考えてみましょう。

ハゲ散らかすは「ハゲ」「散らかす」という意味なので、どんな髪の毛の状態だと「散らかしている」に分類されるのかがポイントになりそうですね。

ハゲている人を対象とした表現?

「ハゲ散らかす」はハゲという言葉が入っているので、やはりハゲている方を表現する言葉なのだと考えられます。

髪がフサフサでヘアスタイルが乱れていることを「ハゲ散らかす」とは表現しませんね。

しかし、髪がフサフサでも乱れ方によってはハゲているように見えることがあるので、「頭がハゲ散らかしているようになってるよ」とか「髪が散らかってるよ」なんて表現は使えそうです。

・ハゲ:ハゲ散らかっている
・フサフサ:散らかっている

やはり、「ハゲ散らかしている」はハゲの方を対象としてヘアスタイルが乱れていることを指す表現ですね。

ハゲ散らかすは日常生活から生まれた

散らかすという言葉は、本来は整理整頓しておくべき状態が散らかっている時に使うことが多いです。

子供がリビングでおもちゃをたくさん出して遊んだ時、お母さんが「散らかさないで片付けようね・・・。」と言いますね。

リビングという空間は基本的にスッキリした状態であるのが好ましいため、その理想状態とは裏腹にゴチャゴチャした空間になってしまったことからお母さんは「散らかっている・・・」と思うのでしょう。

元々、大量のおもちゃがゴチャゴチャしている空間があるとします。

その空間で子供がおもちゃで遊んでいても「散らかっているな~・・・」と思っても「散らかさないで!」とはきっと言いませんね。

ハゲ散らかすも同じような意図で使われるのだと思われます。

ヘアスタイルというのは整理整頓されているのが常識であり、そこが散らかっていることから「ハゲ散らかしている」という表現が誕生したのでしょう。

ハゲ散らかすはどうして普及したのか?

「ハゲ散らかす」という言葉の意味が分からない人はきっといません。

それだけ、現代では「ハゲ散らかす」という表現が普及して認知されています。

どうして「ハゲ散らかす」という言葉が普及したのか?

これはきっと「ハゲ散らかす」という表現にユーモアを感じる人が多かったからだと思われます。

もし、「ハゲ散らかす」という表現にユーモアを感じない人の方が多ければ、人をけなす言葉として認知されて使うことに躊躇する人の方が多かったのではないでしょうか。

あるいは、ハゲていることを指摘する云々で、ハゲが乱れて目立っている状態を表現する言葉として非常に使い勝手が良かったからという説もありそうですね。

・ハゲ散らかすの表現は使い方によってユーモアがある
・ハゲ散らかすは状況説明として使い勝手が良い

「ハゲ」や「ハゲ散らかす」は差別用語?

さて、「ハゲ散らかす」の基準に迫るためにはここをしっかりと考える必要があります。

ハゲている方が他人から「ハゲ散らかしているね」と言われると、やはり不快に思う方もきっといます。

誰もがその場のノリで「そうなんだよ~今日も散らかってるでしょ?」とユーモアを成立させてくれるとは限りません。

「ハゲ散らかしている」という表現がユーモアとして成立するかどうかは、場の空気や相手との関係によって大きく変わり、何よりもハゲている方が乗ってくれるかどうかで決まります。

もし、相手が乗ってくれなかった場合は差別用語になり得るので、お笑い芸人のようにセンスが問われる表現でもあります。

また、「ハゲ散らかしている」は使い勝手の良い表現から普及した可能性がありますが、ハゲの方に直接使う表現ではなくハゲの方を話題にする場合に使う人が多かったという説が考えられますね。

差別用語というのはそれを決める法律は存在せず、テレビの放送禁止用語のように一部の場においてルールがあるだけです。

毎日、ハゲている友人に「ハゲ散らかしているね」と言い続け、それによって友人が1つのネタになって良かったと思ってくれる場合は何も問題が発生しません。

毎日、ハゲている友人に「ハゲ散らかしているね」と言い続け、それによって友人が侮辱されたと感じたなら訴訟に発展する可能性があり、その日数や精神的ストレスなどを加味すると裁判で負けて罰せられることもあり得ます。

・「ハゲ」や「ハゲ散らかしている」は人によっては差別用語
・「ハゲ」や「ハゲ散らかしている」は使い方によっては差別用語

「ハゲ」や「ハゲ散らかす」の使い方は?

「ハゲ」や「ハゲ散らかす」は使い方によっては差別用語になり得ますが、基本的に以下を抑えておきましょう。

・頭皮の状態を表現する言葉としては問題ない
・個人の特徴を表現する場合は配慮するのが常識

これはモラルや常識の話なので、相手のことを気にせず「ハゲ」や「ハゲ散らかす」を乱用すると自分のモラルや常識に疑問を持たれることがあるということですね。

ハゲは死に直結するわけではなく珍しいわけでもない

ハゲになると死に至るわけではなく、ハゲは遺伝で起こりやすいため珍しい症状でもありません。

一般的にも高齢になるとハゲるというのは常識として認知されており、ハゲたからといって社会で生活するのが辛くなるわけでもありませんね。

例えば、障害のある方を表現する場合はハゲとは異なる大きな問題点があり、言葉の表現だけでも「障害者」→「障がい者」と表現するのがスタンダードになるなど、本当に様々な配慮が考えられています。

実際にハゲている方からすると「ハゲは辛い」と感じる方も多いと思いますが、他人がハゲている方に対して「ハゲ」という言葉を使うスタンスには「自分もいずれハゲるだろうな・・・」と思っている方も多いでしょう。

脱毛症は個々によって様々な症状がありますが、一般的にはハゲることが珍しいものではなくそれほど深刻なものではないという考えから「ハゲ」や「ハゲ散らかす」という言葉が使われやすいのかもしれませんね。

自己免疫疾患で重度の脱毛症を患った方に対して、面識もないのに「ハゲているね」という表現を使う人はきっといないでしょう。

ハゲ散らかすの基準は?

さて、ハゲ散らかすの基準は以下となります。

・M字ハゲ→該当しない
・O字ハゲ→該当しない
・頭頂ハゲ→該当する
・円形脱毛症→症状によって該当する

ハゲというのは本当に様々な症状があります。

M字ハゲやO字ハゲなど、いわゆる額ハゲというのは奇麗にハゲていくので散らかってはいません。ただし、症状が進行した場合に前髪を伸ばすと散らかっているように見えることがあるので、その場合は該当するかもしれません。

頭頂ハゲは、頭のてっぺんからハゲが進行するので基本的に該当することが多いです。ハゲている周囲は髪が生えているので、額ハゲに比べると散らかっているように見えやすいです。

円形脱毛症も頭頂ハゲと同じ理屈であり、ハゲている周囲は髪が生えているので散らかっているように見えやすいです。また、多発型へ進行した場合は完全に散らかっているように見えてしまいます。

他にも出産脱毛症や牽引脱毛症など、頭頂ハゲのように周囲に髪が生えているケースは「ハゲ散らかしている」ように見えやすいことがあります。

ハゲ散らかしているとは言わせない!

ハゲ散らかす
ハゲ散らかしているとは言わせないために、散らかっている髪を整える工夫をしてみましょう。

男性は以下を参考にしてください。

・ソフトモヒカン
・オールバック
・ボウズ
・スキンヘッド

女性は以下を参考にしてください。

・ヘアスタイルで隠す
・部分ウィッグを使う
・全頭ウィッグを使う

基本的にハゲ散らかしているのを片付けるためには「ハゲを改善する」or「ヘアスタイルを変える」という2つの方法しかありません。

男性にオススメな対策

男性の場合、最強の方法として「スキンヘッド」があります。

スキンヘッドは潔さや男らしさという意味も含めて、必ずしもデメリットばかりではないところが大きな救いです。

しかし、なかなかスキンヘッドの選択が難しいという方も多いと思うので、そんな方はソフトモヒカンやボウズスタイルなどヘアスタイルを工夫してみてください。

「ハゲ散らかす」というのは髪を伸ばすほどそのように見えやすいので、ヘアスタイルはショートベースが好ましいです。

また、市販アイテムで「ハゲ隠し」というスプレーやパウダーがありますが、これは継続したハゲ隠しとしては実用性が低いのであまりオススメできません。

その日限りでハゲを隠したいという時は便利なので、緊急用として常備しておくと役立ちそうなアイテムです。

「ボウズが似合う人と似合わない人」

ボウズが似合うかどうか心配なら「薄毛・ハゲでも坊主が似合う人・似合わない人解説 」を読んでみよう。

女性にオススメな対策

女性は男性に比べてハゲになることが少ないですが、出産後脱毛のように女性特有の脱毛だったり円形脱毛症も身近な症状です。

女性の場合、スキンヘッドやボウズという選択がないので、基本的にはヘアスタイルを工夫してハゲている部分を隠していくのが対策となります。

円形脱毛症のように頭皮の一部分だけ薄毛になっている場合はヘアスタイルを変えたり部分ウィッグがオススメです。

頭皮全体として脱毛が目立つようになってきた場合、治療に専念しながらも医療用ウィッグなど前頭タイプのウィッグを使うようにしましょう。

「女性のヘアスタイルやウィッグ」

薄毛に悩む女性は「薄毛の女性でも似合う髪型20選!【女性の薄毛は悲観する必要はない】 」を読んでみよう。

まとめ

今回は「ハゲ散らかすとは?」を紹介しましたが、いろんな意味で言葉って難しいなという感想です。

すでにハゲに悩んでいる方は「ハゲ散らかすとは言わせない!」対策があるので、ヘアスタイルを工夫したり治療に専念するなど改善策を模索してみてくださいね。