てっぺんハゲでもかっこよくキマる髪型おすすめ20選!

てっぺんハゲ
今回はてっぺんハゲでもかっこよくキマるヘアスタイルを「本当にかっこよくキマるのか?」を考えながら紹介していきます。

てっぺんハゲはトップがハゲてしまうので、似合うヘアスタイルが少ないことから「かっこよくキマるヘアスタイルが存在するのか?」という点も気になるところですね。

「かっこよくキマってる?!」な髪型20選

てっぺんハゲでもかっこよくキマるかどうかは「ハゲの違和感があるかどうか?」を定義にします。

髪がフサフサなところにてっぺんハゲでポツンと穴が空いた状態を「キマっている!」にしてしまうと、ヘアスタイルを模索する必要がありませんね。

てっぺんハゲはつむじ近辺からハゲが進行していき、高齢になるほど良く見かける症状です。

ハゲの症状はつむじ以外にも以下のような種類があり、「頭皮のサイド以外は違和感が出やすい」という特徴があります。

・額ハゲ:初期症状は殆ど違和感がない
・てっぺんハゲ:初期症状でも穴が空いたように見える
・円形脱毛症:コインサイズでも違和感を感じやすい

つまり、てっぺんハゲの違和感というのは「ハゲている部分を髪の毛が囲んでいる」ことでそのように感じます。

これを前提にすると、てっぺんハゲで違和感のないヘアスタイルの序列は以下のようになります。

1.スキンヘッド:てっぺんハゲでも違和感がない
2.ボウズスタイル:肌色で多少は違和感があるが、ロン毛よりは違和感が少ない
3.他はすべて同じ:ボウズ以外は髪を伸ばすほどハゲている部分が目立つ

結論として、てっぺんハゲに対して違和感のないヘアスタイルは「スキンヘッド」or「ボウズスタイル」のみです。

しかし、てっぺんハゲの症状が軽度な場合、トップ毛を工夫することで隠せる可能性がありますね。

これはあくまでもハゲている部分が狭い場合に限り、ハゲている範囲が広い場合は髪が生えているように見せるよりもハゲている部分に同調して頭皮全体を薄くする方が違和感がないので、やはり選択肢は「スキンヘッド」or「ボウズスタイル」がベストです。

さて、てっぺんハゲでもかっこよく決まるヘアスタイルがあるのかどうかを妄想してみましょう。

No1.トラッドビジネスショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

ビジネススタイルとして人気のあるベリーショートスタイルですが、頭頂がハゲていることを想像すると違和感が出ます。

また、ショートスタイルは髪の長さが短いため、頭頂ハゲを隠すことにも不向きです。

No2.ビジネスツーブロックショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらもビジネスショートスタイルです。

やはり、トップが短いことから隠すことは難しいですね。

もし、てっぺんハゲを受け入れるスタンスでありのままで勝負するというならば、このヘアスタイルでもかっこよく決まると思います。

また、その場合はてっぺんハゲはあまり関係がなくなってくるので、大抵のヘアスタイルは選択肢に入ってきます。

No3.2WAYビジネスver

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらはミディアムカットのヘアスタイルです。

オールバックセットによって、てっぺんハゲを隠せそうです。

てっぺんハゲを囲んでいる毛をさらに長く伸ばすと、ハゲている部分を隠しやすくなります。

ハゲを隠すための準備として、ヘアカットをお願いするときに「つむじ付近の毛を残してください」と言っておく方が良いですね。

No4.誰でもできるセンターパートスタイル

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらもミディアムカットです。

てっぺんハゲを隠すならセンター分けは不向きであり、やはりオールバックの方が良いです。

また、このままの状態ではてっぺんハゲの範囲によって違和感が出てしまいますね。

No5.アップバングジェントリーショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらは一見すると、てっぺんハゲでも違和感が無さそうです。

また、トップを長くすることから隠せそうでもあります。

しかし、てっぺんハゲの範囲によってはそもそも隠すだけの毛量が足りないので、本当にてっぺんハゲは範囲に寄ります。

No6.モダンショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらは前から見たトップのボリュームからすると、てっぺんハゲでもキマりそうです。

しかし、てっぺんハゲはその部分がハゲることからこのボリュームが出ないことが悩みです。

No7.スイングビジネスショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらはミディアムロングカットです。

トップを長く伸ばしていることが特徴ですが、オールバックにセッティングすると小範囲なら隠せるかもしれません。

No8.ミディアムパーマスタイル

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらはミディアムカットパーマスタイルです。

このままの状態だと、後ろから見た時にきっとてっぺんハゲは目立ちますね。

No9.爽やかビジネス

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらも全体的に髪を長く伸ばしているので、隠せそうな雰囲気を感じます。

しかし、他のヘアスタイルと同じでてっぺんハゲは中央がハゲるというのが難題です。

No10.シークレットパーマショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

てっぺんハゲが小範囲なら、モデルさんのようにかっこよくキマりそうです。

てっぺんハゲが広範囲なら、隠せるかどうかで変わってきそうです。

No11.スパイキーショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらは前髪オールバックのスパイキースタイルです。

てっぺんハゲはきっと目立ちますが、モデルさんがあまりにも男らしすぎるので普通にかっこよくキマりそうなイメージが持たれますね。

No12.ニュアンスレイヤーカール

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

このくらいロン毛にして、全ての髪をてっぺんハゲのところへ束ねるようにオールバックにすれば隠せそうです。

逆に隠すことができなければ頭皮全体がロン毛なので、てっぺんハゲが目立ってしまいそうです。

No13.脱力系クールパーマ

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらはパーマスタイルです。

パーマをかけるとてっぺんハゲをカモフラージュしやすい可能性がありますね。

ただし、広範囲のハゲには結果は同じでしょうか。

No14.セクシーミディ

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

ここまで髪を伸ばせば何とかなりそうですが、やはり厳しいでしょうか。

逆にセクシーさという意味では、潔くボウズスタイルにする方が結果が伴うかもしれませんね。

アクション俳優のジェイソン・ステイサムはまさにそのスタンスです。

No15.Iラインカール

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらもオールバックのポニーテールスタイルなら、てっぺんハゲを隠せそうです。

このままだと逆にてっぺんハゲが目立つばかりです。

No16.スタンダードボウズ

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

一般的にてっぺんハゲが広範囲になってくると、スキンヘッドかボウズスタイルにする方が多いですね。

「てっぺんハゲ」+「ボウズスタイル」というのは王道なセットでもあるので、肌色から違和感は出るにしても見慣れた光景という感じで普通にキマるでしょう。

No17.カジュアルウルフ

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

ボウズスタイルを避ける場合、こちらのようになるべくショートスタイルの方がキマりやすいです。

海外映画などでもてっぺんハゲで普通なヘアスタイルをしている俳優さんをちらほらと見かけますね。

No18.スパイキーウルフ

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

このモデルさんがてっぺんハゲだとしても、やはりこのキマり具合は変わら無さそうです。

てっぺんハゲでもキマるヘアスタイルとは、ヘアスタイルが重要なのではなくファッションや性格を含めた雰囲気なのかもしれませんね。

No19.ベリーショートスパイキー

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

こちらのように頭皮全体のボリュームが薄く見える場合でも、てっぺんハゲは逆に似合いそうな雰囲気があります。

AGAの進行で中期~末期になってきた場合は、初期症状よりもショートカットスタイルの相性が良くなるかもしれませんね。

No20.さっぱりベリーショート

てっぺんハゲ引用元:Beauty-Box.jp

最後はボウズベースの超ソフトモヒカンです。

後頭部の写真でトップがポッコリハゲていることを想像すると、てっぺんハゲとソフトモヒカンは相性がそれほど良くありません。

ソフトモヒカンは頭皮の中央毛を伸ばすことが特徴なので、ピンポイントに中央がハゲるてっぺんハゲはボウズの方がキマりそうです。

まとめ

さて、いろんなヘアスタイルを紹介しましたが「てっぺんハゲでも決まる!」と思うヘアスタイルはありましたでしょうか?

違和感の有無を基準にした場合、殆どのヘアスタイルはてっぺんハゲが目立つため、隠すことができなければキマるとは言い切れません。

しかし、個々が持つ雰囲気やセンスを基準にすると、その人に似合っているヘアスタイルであればてっぺんハゲでもキマると言えます。

本当にてっぺんハゲは額ハゲとは違って「ハゲを隠すのか?」or「ハゲに同調するのか?」など、目的によってヘアスタイルの選択肢が大きく変わりそうです。

違和感を基準にすると、てっぺんハゲと最も相性が良いのは「スキンヘッド」、その次は「ボウズスタイル」ですが、自分らしさを出せればそれで良いというスタンスでは堂々としていればどのようなヘアスタイルでも決まるのではないかと考えられます。

また、てっぺんハゲをカモフラージュするためにヘアスタイルを模索する場合、そのままてっぺんハゲが進行した場合は脱毛範囲が広くなるため永久に隠し通すことが難しくなることがさらなる難題でもあります。

そう考えると、将来的にスキンヘッドやボウズスタイルにするのであれば、早い段階からこうしたヘアスタイルをチョイスしておく方が良いとも言えますね。