ハゲ・薄毛・クセ毛でも似合う髪型10選!【ハゲの特徴を生かす】

ハゲにオススメな髪型
ハゲに最も似合う髪型はどれなのか?

今回はハゲに似合う髪型ベスト10を発表します。

ハゲに似合う髪型TOP10!

ハゲや薄毛に対して似合う髪型は以下のように色々とあります。

・ボウズ
・ソフトモヒカン
・2ブロック
・オールバックなど

割とハゲが進行していることを前提として、オシャレを追求しやすい髪型をランキングで決定したいと思います。

それではランキングを見ていきましょう。

No1.THEソフトモヒカン

ソフトモヒカン引用元:Beauty-Box.jp

堂々の1位はシンプルなソフトモヒカンです。

このヘアスタイルは側頭部や額ハゲでもチョイス可能であり、ハゲが進行している状態でもハゲに同調して残された髪の毛でオシャレを演出できるところが魅力です。

また、ソフトモヒカンはアレンジの幅が非常に広く、鶏冠仕様以外にもサイドやバックへ髪を流せば違った雰囲気を出すことができます。

さらにプライベートはもちろん、ビジネスでも通用することが嬉しいポイントです。

No2.ソフトモヒカン2ブロック仕様

ソフトモヒカン2ブロック引用元:Beauty-Box.jp

第2位はソフトモヒカンの2ブロックタイプです。

こちらもハゲや薄毛と相性が抜群、単なるボウズではなく個性を出してオシャレを演出するならとてもオススメです。

画像のように片側の前髪を長く伸ばすのも流行りであり、M字やO字など様々なハゲに対応できるオシャレスタイルです。

髪の長さをランダムにすることで、頭頂ハゲでもそれを吸収して独自の雰囲気を作り出せることが強みです。

薄毛やハゲの進行具合によって、カラーやパーマで工夫をしてハゲを吸収してみましょう。

No3.THEボウズ

ボウズ引用元:Beauty-Box.jp

第3位はシンプルなボウズスタイルです。

スキンヘッドは避けたいという場合、次に選択肢となるのがこちらのシンプルボウズでしょう。

ハゲや薄毛はロングが御法度、逆にボウズに近いほど相性が良くなるという特徴がありますね。

ソフトモヒカンに比べるとアレンジの幅が非常に狭く、カラーやミリ残しの違いから個性を出すしかありません。

しかし、ハゲや薄毛でヘアスタイルに悩んだ時はボウズは確実に安定着地できます。

ソフトモヒカンのように奇抜な個性でオシャレを追求することが難しい方は、シンプルボウズでキマりです。

No4.ボウズ2ブロック仕様

ボウズ2ブロック引用元:Beauty-Box.jp

第4位はボウズの2ブロックタイプです。

こちらは普通のボウズは物足りないという方にオススメです。

シンプルボウズは1mmや2mmなど、バリカンの厚みで違いを出すしかヘアスタイルの違いが出ませんね。

そこで、サイドを刈り上げてトップだけはソフトモヒカン寄せにすることで、遊び心を楽しむことができます。

ボウズや2ブロック仕様は、額でも側頭部でもあらゆるハゲに順応することができます。

また、ボウズベースのヘアスタイルは体を鍛えることで男らしさがより一層アップすることもメリットです。

「ハゲは男の象徴だ!」と男気で勝負したい方にとってはチョイスしやすい髪型です。

No5.ありのままでスタイル

ありのままでスタイル引用元:Beauty-Box.jp

第5位はありのままでスタイルです。

実際のところ、ハゲや薄毛に悩んだ時にヘアスタイルを工夫することなく、今の姿のままで「何もしない!」という方も多いと思います。

ありのままでスタイルは、ハリウッドなど俳優さんでも良く見かけるスタイルですね。

どれだけ頭皮がハゲようとも、それに合わせることなくヘアスタイルを楽しむというのは見ていても清々しいものがあります。

ハゲの先輩方が辿り着いた境地であり、ハゲることは自然の摂理でもあるという考え方からありのままでスタイルは堂々の5位です。

No6.ヒゲスタイル

ヒゲスタイル引用元:Beauty-Box.jp

第6位はヒゲスタイルです。

ハゲとヒゲは相性が非常に良いので、ヘアスタイルを模索する前にヒゲを生やしてみるのは有りです。

また、ヒゲスタイルはどんな髪型にも似合いやすく、ダンディズムや男らしさなどを強調して勝負したい方にはとてもオススメです。

歳を重ねるごとに渋さがにじみ出てくるので、若年層よりも年配の方のほうが相性が良いかもしれませんね。

No7.メガネインテリスタイル

メガネインテリ引用元:Beauty-Box.jp

第7位はメガネインテリスタイルです。

ボウズスタイルなど、髪型で個性を出すことが難しい場合はメガネをかけてみましょう。

メガネとハゲの相性は割と良いです。

特にメガネでスーツをビシッと決めるとインテリな雰囲気を作り出すことができるため、ハゲ云々で個性的な人になりやすいですね。

社会的な地位が高い職業や信頼を求められるお仕事をされている方は、メガネで勝負してみてはいかがでしょうか。

また、ヒゲとメガネも独特な雰囲気を作れるので、プライベートが味気ないという場合はヒゲ&メガネをやってみましょう。

No8.スパイキースタイル

スパイキー引用元:Beauty-Box.jp

第8位はスパイキースタイルです。

スパイキーヘアというのは、スパイクのようにツンツンした尖った髪型のことを言います。

これはカットでそうなるというより、ワックス等のセッティングで演出します。

パンクバンドをイメージすると分かりやすいですが、一般的には画像のように前髪を前に流す時にスパイキー仕立てにする方が多いです。

また、スパイキースタイルはソフトモヒカンやオールバックなど様々なアレンジが可能なので、1つの対策として覚えておくと便利です。

No9.マッシュスタイル

マッシュスタイル引用元:Beauty-Box.jp

第9位はマッシュスタイルです。

マッシュ系というのはマッシュルームのような見た目からきており、一言にマッシュ系といっても派生形が非常に多いです。

単なるソフトモヒカンでも「ソフトマッシュ」なんて呼ばれることもありますし、これといって定義はありません。

マッシュスタイルは10代~30代を中心に人気なヘアスタイルですが、ハゲや薄毛とは相性がそれほど良くありません。

さほどハゲが進行していない場合は毛量があるのでマッシュスタイルでもいけますが、ハゲ具合によってはレイヤーカットでマッシュを目指すとしてもソフトモヒカンにする方が相性が良いことが多いです。

No10.THEショートカット

ショートカット引用元:Beauty-Box.jp

第10位は至って普通なショートカットです。

こちらもハゲの進行具合によって決まり具合が大きく変わりますが、やはり初期症状ではチョイスしやすいものの、ハゲが進行するほどベリーショートにする方が相性が良いかもしれませんね。

今までずっとノーマルなショートカットでも、ハゲをきっかけにソフトモヒカンやボウズスタイルにしてみると「お!意外と似合っているかも・・・」というケースもありますよ。

似合うかどうかはハゲの症状次第!

ハゲにオススメな髪型

あれが似合うこれが似合うというのは、結局のところ「ハゲの進行具合による」ところが大きいので、ハゲと向き合いながらもベストな髪型を模索していくようにしましょう。

さて、根本的にハゲなければヘアスタイルに悩むこともないため、フサフサな頭皮を目指すことも多少は意識しておきたいところですね。

正常なヘアサイクルを取り戻す方法は主に3つあります。

1.クリニックで治療
2.育毛剤や発毛剤を使う
3.生活習慣を変える

クリニックの治療

ハゲの原因によってはクリニックに頼らざる終えないケースもあります。

例えば、遺伝によってAGAが進行している場合はジヒドロテストステロンを抑制させることが効果的だとされているため、クリニックで診断を受けながらも処方薬を継続していくのが好ましいです。

また、確実に髪を増やしたいなら植毛という手もあります。

市販されている育毛剤や発毛剤では改善させることが難しい場合、最終手段としてクリニックを検討する方は多いです。

育毛剤や発毛剤

育毛剤や発毛剤は、ハゲの初期症状やその症状に至る前の段階で使うのが効果的です。

クリニックを除外すると、育毛剤や発毛剤を使ってハゲの改善を目指すのは現実的な方法でもあります。

本当に価格から配合成分までピンキリなので、「どんな製品を選ぶべきか?」という疑問をしっかり解決していくことが大切です。

製品の選び方は「配合成分」「効果効能」に注目しておきましょう。

また、毎日の洗髪で使うシャンプーにこだわるのも効果的です。

「マーロ」

シャンプーの乗り換えは「MARO(マーロ)シャンプーって何?【成分・体験談などから効果を検証してみた】」を読んでみよう。

生活習慣を変える

ヘアサイクルは生活習慣によって乱れてしまうこともあるため、規則正しい生活を送る方がハゲる可能性が低くなります。

「生活習慣を改善してもハゲの根本的な解決にはならない」という情報も散見されますが、これもまた原因に寄ります。

ハゲる可能性のあるすべての要因をトータル的に考えた場合、不規則な生活と規則正しい生活なら後者の方が間違いなくハゲる可能性は低いです。

また、生活習慣は動脈硬化などの延長にいろんなリスクがあり、運動不足からのメタボなんて代表的ですね。

ハゲを防止するために規則正しい生活を心がけると、生活習慣病などハゲ以外のリスクも軽減できることは意識しておきたいポイントです。

まとめ

今回はハゲに似合う髪型をランキング決定してみましたが、「これなら似合うかも!」というヘアスタイルは見つかりましたでしょうか?

クセ毛の方はその特徴を活かしてパーマ風がオススメなんて言われることが多いですが、それと同じで「ハゲの特徴を活かす」という考え方も有りだと思います。

また、そもそもハゲを回避するなら薄毛になる前に発毛剤や育毛剤を取り入れて、生活習慣を改善していくスタンスを持つ方がハゲになる可能性は低くなります。

どうせハゲ回避に向けて動くなら早めに実行していく方が良いですね。

今回をきっかけに「ハゲ」について改めて考えてみましょう。