フェナステルドはハゲ・薄毛に効果的か【成分を攻略しよう】

フェナステルド
フィナステリドはハゲや薄毛に効果的な成分ですが、「AGAにだけ効果有り」とされています。

今回はフィナステリドの成分や効果などを解説していくので、AGA治療薬を検討している方は参考にしてみてくださいね。

フィナステリドとは?

フィナステリドというのは、アメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン剤です。

抗アンドロゲン剤というのは、男性ホルモンを抑制する働きを持つ薬物の総称です。

・ED
・AGA
・パラフィリア
・前立腺癌
・前立腺肥大症排尿障害

含有量によって作用が異なり、高用量だと前立腺治療に対してホルモンを抑制する働きもあるとされています。

フィナステリドの効果とは?

フィナステリドの効果はジヒドロテストステロンを抑制する働きにあります。

ジヒドロテストステロンは「テストステロン=男性ホルモンの1種」+「5αリダクターゼ=ステロイド代謝に関る酵素の1種」が結合して生成され、ジヒドロテストステロンが生成されると髪の成長が阻害されてしまいます。

「AGA=男性型脱毛症」の原因はジヒドロテストステロンであることが分かっているため、フィナステリドは1つの効果的なAGA治療薬です。

元々、フィナステリドは前立腺肥大の治療薬としてプロスカーという治療薬が開発され、その後に1mgの用量ではAGAに効果があることが分かったという経緯があります。

そのため、上記で紹介したようにフィナステリドはAGAだけではなく前立腺疾患を患う方に対する治療薬として使われることも多いです。

同じ成分ではあるものの、前立腺癌に対しては5mgでAGAに対しては1mgなど含有量が調整されます。

・男性におけるAGAの進行遅延の効果がある
・男性におけるAGAだけに効果があり、その他の脱毛症には効果がない
・20歳未満は安全性や有効性が確立されていない
・女性に対する順応はない

フィナステリドは医療用医薬品の処方箋医薬品なので、クリニックで処方してもらう必要があります。女性型AGAという脱毛症がありますが、基本的に女性で何かしらの脱毛症を患った場合も臨床結果においては女性に対するフィナステリドの効果が認められなかったという報告があるため、処方してもらうことは難しいです。

また、円形脱毛症や分娩後脱毛症などAGA以外の脱毛症に対しても効果が確立されておらず、あくまでもジヒドロテストステロンによって引き起こされる脱毛症にだけ効果がある治療薬とされています。

フィナステリドの種類

フィナステリドを主成分とするAGA治療薬は以下のような「会社=販売名」があります。

・沢井製薬:フィナステリド錠「サワイ」
・武田テバファーマ:フィナステリド錠「武田テバ」
・シオノケミカル:フィナステリド錠「SN」
・辰巳化学:フィナステリド錠「TCK」
・東和薬品:フィナステリド錠「トーワ」
・ファイザー:フィナステリド錠「ファイザー」
・大興製薬:フィナステリド錠「クラシエ」
・MSD:プロペシア錠

上記のいずれもAGA治療薬のフィナステリドですが、プロペシアは有名ですね。

また、少し話が逸れますが、ファイザー社もフィナステリドをリリースしています。

ファイザー社というのはバイアグラを開発した会社です。バイアグラは世界初のED治療薬であり、それを開発したことでファイザー社は有名です。また、EDとAGAはテストステロンから深い関係があり、EDとAGAの専門クリニックでも両方の診療科目に対応しているところは良く見かけますね。

簡単に説明すると、テストステロンを抑制させる働きがあるAGA治療薬では、精力衰退になることがあります。男性器が勃起する理由は「脳からの信号」→「テストステロン分泌」→「一酸化窒素の放出」→「ペニスに大量の血液が流れ込む」という仕組みなので、テストステロンが抑制されるとEDになることがあります。

フィナステリドに話を絞っても、発生率は1%未満とされていますが勃起不全も副作用の1つとされています。

フィナステリドの使用方法と副作用

フィナステリドの使用は以下の注意点を抑えておきましょう。

・0.2mgを1日1回で使用する
・必要に応じて1日1.0mgを上限に使用する
・3ヶ月ほどで効果が見られることもあるが、通常は6ヶ月連続した使用が必要
・効果を得るために継続性が必要
・増量による効果の増強は確認されていない
・6ヶ月で効果がなければ使用をやめる

基本的にフィナステリドは0.2mgで処方され、必要に応じて1.0mgが処方されます。また、1日1回の使用をベースに6ヶ月継続使用することが望ましいとされており、効果が見られない場合は副作用が懸念されることから使用をやめるのが良いとされています。もし、6ヶ月以上の使用を検討する場合は医師と相談して判断することになりそうですね。

次に以下の副作用を抑えておきましょう。

・リビドー減退:1~5%
・勃起不全:1.0%以下
・射精障害:1.0%以下
・精液減少:1.0%以下
・肝機能障害:頻度不明
・過敏症(発疹や血管浮腫など):頻度不明
・乳房拡大や圧痛:頻度不明
・めまい:頻度不明
・抗うつ:頻度不明

リビドー減退というのは「精力低下」の総称として使われる言葉です。

副作用一覧を見ると分かりますが、精液減少や勃起不全など機能的な異常が見られなくてもリビドー減退を感じる方が多いようです。

もし、フィナステリドを使用して精力低下を感じた場合、自分の力では解決することができずにED治療薬が必要となることもあると思います。

ED治療薬というのは以下の3種類が代表的ですが、いずれもフィナステリドと同様に処方箋医薬品です。

・バイアグラ:使用後3時間ほど効果が続く
・レビトラ:使用後3時間ほど効果が続く
・シアリス:36時間前後に渡って効果が続く

ED改善では、多くの方が知名度の高いバイアグラをチョイスすると思いますが、バイアグラというのはシルデナフィルが主成分の治療薬を言います。バイアグラはファイザー社の製品が完全なオリジナルであり、独占禁止法やジェネリック(特許切れから他社による開発薬)によって多くの種類があります。

どんなシルデナフィルを購入するにしても通販だけは避けましょう。厚生労働省では、個人輸入に関するトラブルとして最も報告が多いのがED治療薬系だとされています。

シルデナフィルが処方箋医薬品である理由は、副作用があるからです。腎臓病などの病気を持っている場合は死に至ることがありますし、基本的に血圧測定を行った上で使用を判断する必要があります。

また、海外では偽物のED治療薬が多く出回っているため、個人輸入代行業者を通してシルデナフィルを購入すると偽物を掴まされる可能性も無きにしも非ずです。

フィナステリドは使うべき?

フィナステリド

さて、ハゲや薄毛を治したいときにフィナステリドは使うべきなのかどうかを考えてみましょう。

ハゲに関連する治療薬や育毛発毛剤では「効果があるのか?」が最も気になるところですが、フィナステリドは処方箋医薬品なので効果があります。

フィナステリドの効果については上記で紹介したように「髪の毛を生やす・育てる」という内容ではなく、「AGAの進行を遅延させる」という効果です。

つまり、AGAによってハゲが進行している場合にフィナステリドを使えば、ジヒドロテストステロンの抑制からハゲの進行を遅らせる効果が認められているわけですね。

しかし、髪の毛を生やせるかどうかは別問題なので、その点は育毛剤や発毛剤を併用しながらヘアサイクルを正常化させていく必要があるでしょう。

抜け毛を止めることがスタートである

フィナステリドを使うことでハゲの進行を遅延させることができると、あとは発毛育毛に力を入れれば解決できることになります。

ジヒドロテストステロンという弊害がなくなることで、発毛や育毛を促進できるアイテムを併用していくのは効果的です。

また、毎日の生活では食生活や運動など生活習慣を改善することでも、髪の成長を早めることは可能です。

「チャップアップ」

育毛剤は「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】 」を読んでみよう。

副作用が心配なんだが・・・

フィナステリドの最大のリスクは、やはり数々の副作用です。

副作用は確率論の世界であり、1%や5%など可能性が低い場合でも薬事法ルールでは副作用を表記しなければなりません。

副作用を中心に考えるとフィナステリドは使用しない方が良いことになりますが、この考え方だとハゲに関する治療薬はすべてダメになります。

逆に副作用がないことがメリットでもある育毛剤や発毛剤を使った時に、AGAの進行を止めることができるのかと言えばこれも効果は未知数です。

5αリダクターゼを抑制するなど、医薬部外品においてもAGAに効果がありそうな製品はいくつかあります。ただし、副作用を懸念する必要がないだけに効果についてもフィナステリドを超えることはきっとないでしょう。

フィナステリドは処方箋医薬品なので自分の希望だけで使えるわけでもありません。まずは、クリニックで副作用や効果効能を含めてフィナステリドの相談をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はAGA治療薬として有名なプロペシアの成分でもあるフィナステリドを紹介しましたが、処方箋医薬品として一定の効果は保証されているものの、精力低下やEDの副作用があることは男性にとって悩みどころでしょうか。

基本的にクリニックでフィナステリドを処方してもらうことになるため、副作用が気になる方は「AGA治療」+「ED治療」に対応しているクリニックを選んでおくと便利かもしれません。

ED治療薬も処方箋が必要なので、同じクリニックだとカルテが共有されることからもフィナステリドの副作用対策も取りやすいことが考えられます。

また、フィナステリドを使用しながら育毛発毛を促進させる場合、生活習慣を改善しながらも育毛剤や発毛剤の使用を検討してみましょう。