【絶対に知っておきたい】ミノキシジルと併用してはいけないモノを一挙解説

ミノキシジルと併用不可な薬
ミノキシジルはAGA治療薬として高い効果が認められていますが、ミノキシジルを使用する場合に併用してはいけないモノを覚えておきたいところです。

今回はミノキシジルの基本情報から併用回避一覧などを紹介していきます。

そもそもミノキシジルって何?

ミノキシジルというのは、血管拡張薬として開発されたのちに発毛効果があることが分かったという成分であり、世界で最初に製品化されたのは「ロゲイン」だとされています。

ロゲインはアメリカのファイザー社が開発販売しており、同社はED治療薬のバイアグラを開発したことでも知られています。

ちなみにバイアグラについても世界で最初のED治療薬としてリリースされているため、ファイザー社の研究開発力の高さが伺えます。

ミノキシジルの種類

ミノキシジルは以下のような種類があります。

・リアップシリーズ
・ロゲインシリーズ
・カークランドシリーズ
・ポラリスシリーズ
・スペクトル
・アクタビス

他にも世界には様々なミノキシジルがあるようですが、日本においてはミノキシジルは医療用医薬品としての製品が存在せず、一般用医薬品においてリアップシリーズがリリースされているだけです。

つまり、リアップシリーズ以外はすべて海外製品なので、日本製で安心してAGAを治療したいという方はリアップシリーズを選ぶ方が良いかもしれませんね。

また、各製品によってミノキシジルの濃度が異なり、平均は1%~5%の濃度、ポラリスシリーズは15%の濃度になっている製品もあるようです。

ミノキシジルの濃度はどのくらいが良い?

ミノキシジルの濃度は濃い方が良いです。

これは日本皮膚科学会の円形脱毛症に関する併用用量の臨床結果において、ミノキシジル1%と5%となら後者の方が改善が見られるケースが多かったとされています。

また、リアップシリーズをリリースしている大正製薬のデータでも同じように濃度が高い方が改善が見られたという報告があるようです。

では、海外製品を含めてどのくらいの濃度を選べば良いのか迷うわけですが、これはもう医師に相談するしかありません。

副作用がゼロなのであれば海外の高濃度製品を個人輸入して使えば良いですが、ミノキシジルは副作用があるので効果の可能性を高めるという目的一択で高濃度を選ぶのは万人に共通する選び方ではないでしょう。

日本ではリアップシリーズで5%濃度が最高なので、高濃度を安全に使うなら「リアップx5プラス」が良いのではないでしょうか。

「リアップx5プラス」

リアップx5プラスは「リアップX5プラスは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】 」を読んでみよう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は以下のような内容があります。

・かゆみ
・低血圧
・ニキビ
・頭痛
・多毛症
・精力衰退
・勃起不全
・動悸
・手足や顔のしびれや痛み
・胸の痛み
・体重増加
・むくみ

殆どの場合、かゆみや皮膚の紅潮など軽い副作用に留まりますが、過去の例では循環器疾患で死亡した例もあるようです。

この死亡例は大正製薬のリアップシリーズで起こったようですが、その因果関係はミノキシジルだけの要因で死亡したのかどうかはわからないようです。

ミノキシジルと併用してはいけないモノ

ミノキシジルとの併用を回避しておきたいものは、以下のような内容があります。

・ワセリン:過剰吸収しやすい
・トレチノイン:過剰吸収しやすい

他には、アルコールや血行促進薬も避ける方が良いと言われており、その理屈はすべてミノキシジルの副作用と同じ副作用を持つことからもリスクが高くなるという理由です。

この理屈から考えると、ミノキシジルの副作用であるめまいや動悸など、併用しようと思っている薬の副作用とミノキシジルの副作用が同じ場合はすべての薬を控える方が良いことになります。

結論として、ミノキシジルを使用する場合に併用してはいけないものというのは、個々の持病や使用している薬によって大きく異なるため、薬剤師や医師に相談をして判断を仰ぐしか方法はありません。

特に個人輸入で海外製のミノキシジルを使用する場合は、一度医師に相談しておく方が安心できることは間違いないでしょう。

リアップx5プラスの副作用と注意点

リアップシリーズの中で最もミノキシジルの濃度が高いのは「リアップx5プラス」の5%です。

リアップx5プラスの効果は、壮年性脱毛症における発毛と育毛、脱毛や抜け毛の進行予防とされています。根本的にハゲの原因を治療できるわけではなく、血管拡張作用によって発毛育毛を促進できる効果があり、抜け毛の進行を遅延できるという製品です。これは他のミノキシジルも基本的に効果効能は同じです。

リアップx5プラスの使用上の注意は以下となっています。

・ミノキシジルでアレルギー症を起こしたことがある人
・女性(女性は女性用のミノキシジルを使うことが推薦されている)
・未成年者
・壮年性脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症など)
・急激な脱毛症
・高血圧や低血圧の人
・むくみのある人
・心臓や腎臓に障害のある人
・高齢者(65歳以上)
・甲状腺機能障害の診断を受けている人
・4ヶ月は継続して使用すること
・6ヶ月使用して効果がなければ使用をやめる

上記を簡単にまとめると、副作用と同じ症状をすでに持っている方は使用を控える方が良いということです。

また、4ヶ月継続で効果が認められていますが、それまでに副作用が見られた場合は使用をやめて医師に相談することが促されています。

ミノキシジルと育毛剤は併用すべき?

ミノキシジルは血管拡張薬なので、これを使用することでハゲが改善される理由は血管拡張や血行促進、あるいは細胞活性といった理由です。

リアップx5プラスの説明でもわかるとおり、ミノキシジルは薄毛やハゲの根本的な原因を解決することができず、発毛育毛を促進させたりハゲや薄毛を遅延させるといった効果を得られる成分です。

そのため、一般的にはミノキシジルを使用しながら育毛剤を併用していく人が多く、プロペシアを併用することが必須と考える人もいるようです。

プロペシア(フィナステリドが主成分)は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があります。ミノキシジルと併用した場合、AGAの主な原因であるジヒドロテストステロンを抑制できることからも、ミノキシジルで血管拡張や血行促進効果、ジヒドロテストステロンで根本的な解決をはかることができるという狙いがあります。

しかし、育毛剤やAGA治療薬を併用するのが良いかどうかも結局は副作用がポイントになります。

例えば、プロペシアにもミノキシジルと同じように精力衰退や勃起不全の副作用があるため、2つを使用すると精力衰退のリスクが高くなるわけですね。

この精力衰退というのは神経系によって興奮しにくくなるという作用、あるいは機能的な要因によって勃起不全になるリスクがあります。これに対してバイアグラのように機能的回復をはかることができる治療薬を使用する場合、そこにも副作用がありますね。

そう考えると、ミノキシジルと何かと併用するなら相方は副作用がない育毛剤を使っておく方が安心とも言えます。

日本で通常ルートからミノキシジルを入手する場合はリアップシリーズに辿り着くケースが多いと思いますが、リアップx5プラスでは以下のような記述があります。

本剤を使用する場合は、他の育毛剤及び外用剤(軟膏、液剤等)の頭皮への使用は、さけてください。また、これらを使用する場合は本剤の使用を中止してください。(これらの薬剤は本剤の吸収に影響を及ぼす可能性があります。)

引用元:大正製薬

また、医薬部外品以下の分類である育毛剤に関しては、他の製品と併用しても問題はないという内容が多いです。しかし、他製品と併用した場合の本製品の効果については責任を持てないという記述が目立つため、やはり育毛剤は1本に絞る方が良いのかもしれませんね。

ミノキシジルと同じような効果で副作用がない育毛剤はある?

ミノキシジルのような育毛剤

最後に副作用がない育毛剤を紹介しておきます。

基本的にチャップアップやフィンジアなど、医薬部外品以下の分類ではミノキシジルのような懸念すべき副作用を持つ製品はありません。

どれを選んでもAGA治療薬ほどのリスクがないことから、安心して育毛発毛に期待を持てることがメリットです。

各製品によって配合成分が異なりますが、ミノキシジルに匹敵すると言われる成分を持つ育毛剤があります。

algas-2が特徴のイクオス!

イクオスは「M-034」+「ペルべチアカナリクラタエキス」=「algas-2」が特徴な育毛剤です。

このalgas-2はM-034にペルべチアカナリクラタエキスを配合した成分であり、M-034はミノキシジルと同じように高い効果があるとされています。

「イクオス」

イクオスは「IQOS(イクオス)は効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】 」を読んでみよう。

キャピキシルが特徴のフィンジア!

フィンジアは「キャピキシル5%」が特徴であり、さらに「ピディオキシジル2%」が配合されていることから育毛発毛に期待を持ちやすいとされている育毛剤です。

ピディオキシジルはミノキシジルと同じ分子を持っていることから、ミノキシジルの副作用が不安という方はピディオキシジルで改善をはかってみましょう。

「フィンジア」

フィンジアは「フィンジアは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

まとめ

今回はミノキシジルにスポットを当てて併用してはいけないモノを紹介しましたが、基本的には医師や薬剤師に相談をしながら判断していくことがポイントとなります。

日本ではリアップシリーズを使うことが多いことから、リアップシリーズの製品概要を元にすると併用可能なアイテムは存在しないことになります。

また、用法においても異常などがあった場合は「医師に相談を」に収束されているため、海外製品を個人輸入で使用する場合は注意をしておく方が良いですね。