AGAの新薬ザガーロとは?効果や口コミ、副作用など解説

ザガーロ
新薬と言われるザガーロは「デュタステリド」が主成分であり、男性型脱毛症に対して効果のある薬です。

今回はザガーロの効果や副作用などを紹介していくので、AGA治療を検討している方は参考にしてみてくださいね。

ザガーロとは?

ザガーロというのは冒頭で紹介したようにデュタステリドを主成分とした治療薬で、日本で認可されたのが最近であることからもAGA治療薬の新薬と表現されることが多いです。

AGA治療薬といえば、フィナステリドを主成分とするプロペシアが有名ですが、プロペシアとザガーロは似たような効果効能を持っています。

・ザガーロ:男性型脱毛症のみ適応
・プロペシア:男性型脱毛症の進行遅延

どちらもジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるので、AGAに効果的とされる治療薬です。

AGAの原因は?

まずはAGAの原因を整理しておきましょう。

・遺伝
・ホルモン
・生活習慣など

AGAは上記のような原因があるとされていますが、男性ホルモンによって男性型脱毛症を発症するケースが多いです。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンが生成されます。

ジヒドロテストステロンが生成されると髪の成長が阻害されてしまい、それによってヘアサイクルが乱れるというのが主な原因です。

デュタステリドの効果

ザガーロの主成分であるデュタステリドの効果は以下です。

・男性における男性型脱毛症
・他の脱毛症に対する適応はない
・20歳未満での安全性や有効性は確立されていない

デュタステリドは20歳以上の男性が対象で、効果効能は男性の男性型脱毛症に対してのみ効果があるとされています。

AGAの主な原因であるジヒドロテストステロンを抑制することで、薄毛を改善できるという治療薬です。

デュタステリドの用法用量

デュタステリドの用法用量は以下となります。

・成人男性に対して0.1mgを1日1回経口投与する
・必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与する
・投与開始後12時間で改善されることもあるが、基本的に6ヶ月の継続が必要
・6ヶ月使用しても効果がない場合は使用をやめる

ザガーロは0.1mgと0.5mgがあるので、個々に対して適量を使用することが大事です。

デュタステリドは劇薬の処方箋医薬品なので、クリニックで処方してもらう必要があります。

そのため、用量に関しては医師の診断にかかっているので、使用者はそこまで深く気にする必要はありません。

また、基本的に効果を判断するためには半年間の使用が好ましいとされており、半年で効果を感じなかった場合は副作用の懸念から使用をやめることが推薦されています。

6ヶ月以上使用する場合、これも医師の診断から判断していくことになるため、しっかりと相談してくださいね。

デュタステリドの使用上の注意と副作用

デュタステリドの使用上の注意は以下となります。

・肝機能障害:慎重投与
・女性や乳児:デュタステリドは皮膚吸収があるので、女性や乳児は触らないこと
・血清前立腺特異抗原(PSA):PSA値の測定や検査で判断すること
・CYP3A4やリトナビル等:併用注意

次に副作用は以下となります。

・勃起不全:1.0%以上
・リビドー減退:1.0%以上
・精液量減少:1.0%以上
・射精障害:1.0%以上
・過敏症:1.0%未満
・頭痛や抗うつ:1.0%未満
・腹部不快感:1.0%未満
・蕁麻疹やアレルギー反応:頻度不明
・浮動性めまいや味覚異常:頻度不明
・多毛症:頻度不明
・腹痛や下痢:頻度不明

主に精力衰退やEDの副作用が見られるようであり、臨床結果は以下となっています。

第II/III相国際共同試験では、557例中で勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)。

557例中の日本人120例では、リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)。

国内長期投与試験では、120例中で勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)。

海外報告や自己申告に関する副作用は頻度不明という分類にされているため、臨床試験を元にすると精機能や精力衰退の副作用が起こる可能性が最も高いことになります。

デュタステリドとフィナステリドの違いは?

ザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)の違いは以下となります。

・デュタステリド:テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害する
・フィナステリド:5α-還元酵素2型を選択的に抑制することによりテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害する

どちらもテストステロンがジヒドロテストステロンに変換することを阻害できますが、フィナステリドが2型を優先することに対してデュタステリドは1型と2型を阻害できることが特徴です。

・5αリダクターゼ1型:側頭部と後頭部の皮脂腺に多く、ジヒドロテストステロンへの影響は30%~40%
・5αリダクターゼ2型:前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く、ジヒドロテストステロンへの影響は60%~70%

テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるためには1型2型の5αリダクターゼが必要、5αリダクターゼは2型の方が結合力が強いことが特徴というわけです。

フィナステリドは2型を優先して抑制させることからAGAに効果がありそうですね。

一方、デュタステリドは1型と2型を阻害することができるため、こちらもAGAに効果がありそうです。

ザガーロとプロペシアはどちらが良い?

ザガーロとプロペシアは5αリダクターゼだけに話を絞ると、1型と2型を選択することなく阻害できるデュタステリドの方が効果が高いように感じます。

副作用についてはフィナステリドもリビドー減退など精力系が多いことから、どちらを使用しても勃起不全や精力衰退の副作用が出やすいことは意識しておきたいポイントです。

また、どちらの治療薬も処方箋医薬品なので、どちらを使用してAGA治療をしていくのかは医師の判断に懸かっているとも言えます。

実績の高いクリニックに相談するのがオススメ

AGA専門クリニックで相談をすれば、症例実績が高いことからも最適な治療薬を提案してもらいやすいです。

ザガーロとプロペシアのどちらかを使用したいという場合、両方の治療薬を取り扱っているAGA専門クリニックを探して相談するようにしてください。

副作用は本当に大丈夫なの?

デュタステリドを使用するときに最も注意をしておきたいのが、医師の診断から処方してもらうという点です。

デュタステリドは処方箋医薬品ですが、個人輸入なら通販サイトでも購入することができます。

肝機能障害の方は慎重投与が好ましいとされており、用法を守らず服用回数が多くなると副作用のリスクが高くなります。

また、デュタステリドは円形脱毛症などジヒドロテストステロンによる脱毛症以外に対して効果がないとされているため、自分の脱毛症がどんな原因なのかを調べるという意味でも医師に相談することが重要なポイントになってきます。

副作用に関しては男として精力衰退に不安を感じると思いますが、AGA専門クリニックはED治療も並行して行っているところが多いです。

1つのクリニックでAGAとEDに対して相談できると安心なので、クリニックを選ぶ際に意識してみてはいかがでしょうか。

また、デュタステリドの副作用発生率は臨床結果に基づいたデータにおいても、やはり個人差が非常に大きいことが分かります。

個人輸入は医師の説明を聞くことができないので、副作用の不安を払拭しながら正しくデュタステリドを使用するならクリニックへ行くしかありません。

ザガーロのような育毛剤はある?

ザガーロのような育毛剤

市販されている育毛剤でもザガーロのようにジヒドロテストステロンを抑制できるとされる商品がいくつかあります。

まず、育毛剤に関しては配合されている成分がすべてなので、ジヒドロテストステロンに作用する成分が入っている育毛剤を選ぶ必要があります。

・カンソウエキス
・ダイズエキス
・ヨモギエキス
・ヒオウギエキス
・アカツメクサ花エキスなど

上記のように様々な成分が効果的とされているので、細かく配合成分に注目すれば少なからずザガーロと同じような方向性で改善に期待を持てる育毛剤を見つけられます。

イクオスはオウゴンエキスやゴボウエキスなど

イクオスはオウゴンエキスやゴボウエキスから5αリダクターゼを抑制でき、ジヒドロテストステロンに関するその他因子も抑制できるとされています。

イクオスは医薬部外品の育毛剤ですが、ザガーロのように精力衰退などの副作用はありません。

「イクオス」

イクオスは「IQOS(イクオス)は効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

チャップアップも期待を持てる

チャップアップもオウゴンエキスやダイズエキスなど5αリダクターゼ抑制に繋がる成分が配合されているため、こちらもザガーロと同じ方向性から改善期待を持てます。

チャップアップは凄まじい人気を誇っているため、圧倒的な支持率からも選びやすい育毛剤ですね。

「チャップアップ」

チャップアップは「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

まとめ

最後にザガーロの口コミについて解説しておきますが、処方箋医薬品の口コミは医師の口コミ以外はあまり参考になりません。

医薬用医薬品というのは効果が認められているため、口コミに頼らなくても臨床結果がすべての答えです。

もちろん、万能薬ではないので効果が出ないケースもありますが、これは他の薬も同じですね。

個人輸入のサイトでザガーロの口コミが多数ありますが、個々の脱毛原因や効果の経過観察、副作用の頻度や実感など詳細が不明なので下手に口コミを参考にするより医師のアドバイスを仰ぐ方が良いです。