【対決】プロペシアとノコギリヤシはどちらが薄毛・ハゲに効果的?

プロペシアVSノコギリヤシ
薄毛やハゲの対策として「プロペシア」VS「ノコギリヤシ」は気になるところです。

今回はどちらの方が薄毛やハゲに効果的なのかを見ていきたいと思います。

勝者は「プロペシア」!

さて・・・、プロペシアとノコギリヤシの対決は「プロペシアの勝利」です。

その理由を見ていきましょう。

・フィナステリド:処方箋医薬品
・ノコギリヤシ:健康食品や化粧品

プロペシアとは?

プロペシア引用元:ヘアラボ

プロペシアはフィナステリドを主成分とする処方箋医薬品です。

フィナステリドにはジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるので、男性AGAに対して効果がある治療薬です。

処方箋医薬品という厳しい区分で効果が認められているものの、以下のような副作用があります。

・リビドー減退:1~5%
・勃起不全:1.0%以下
・射精障害:1.0%以下
・精液減少:1.0%以下
・肝機能障害:頻度不明
・過敏症(発疹や血管浮腫など):頻度不明
・乳房拡大や圧痛:頻度不明
・めまい:頻度不明
・抗うつ:頻度不明

詳しくは下記の記事でフィナステリドを網羅して紹介されているので、ぜひ読んでみてくださいね。

「フィナステリド徹底解説」

プロペシアの主成分であるフィナステリドは「フェナステルドはハゲ・薄毛に効果的か【成分を攻略しよう】」を読んでみよう。

また、プロペシアは男性AGAだけに効果があるため、女性やその他の脱毛症に対しては効果が見られないケースが多いです。

それについては以下の記事を読んでみてくださいね。

「プロペシアが効かない人の特徴を徹底解説」

プロペシアが効かない人の特徴は「プロペシアが効かない人の特徴徹底解説!【女性の方は注意】」を読んでみよう。

ノコギリヤシとは?

ノコギリヤシ引用元:サントリーウエルネスOnline

ノコギリヤシはノコギリパルメット属というヤシから採取できる成分でサプリメントなど様々な製品に使用されていますが、医薬分類は健康食品や化粧品が殆どです。

フィトスステロールや脂肪酸が豊富であり、前立腺肥大症の治療薬として研究が進められているようです。また、脱毛症に対しても研究で効果が見られたケースがあるようですが、「ノコギリヤシでハゲが治りますよ」という段階には至っていません。

この成分を軸にした製品としてサントリーがリリースしている「ノコギリヤシ+セサミンE」を紹介しておきます。

この製品は残尿が気になるなど、トイレが近い方にとって便利なアイテムです。

ちなみにこの製品はノコギリヤシ果実エキス320mgという有含量ですが、育毛や発毛には一切触れられていません。

チャップアップサプリメント引用元:amazon

こちらは育毛剤の神アイテムとして人気が高いチャップアップのサプリメントです。

チャップアップにはノコギリヤシが含まれていませんが、サプリメントにはノコギリヤシが含まれています。

・副作用なし
・健康食品
・頭皮ケア成分18種配合
・無添加無香料
・栄養不足を解消

いろんな説明の仕方があると思いますが、簡単にいうと健康食品や化粧品というのはその分類がすべてであり、効果があるけど個人差もあるわけですね。

健康食品や化粧品の効果は迷宮入りであり、その効果の定義を明確にして個々が検証するしかありません。

製品開発にあたってはメーカーが試行錯誤して完成させているので、売り文句のとおりの作用があります。

ユーザーとして知りたい「どのくらいの期間で?」とか「具体的な効果は?」という疑問は解決できない分類です。

そのため、育毛剤も医薬部外品が人気ですね。

ちなみにチャップアップ育毛剤は医薬部外品なので、気になる方は下記の記事を読んでみてくださいね。

「チャップアップ」

大人気のチャップアップは「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

比較対象にすらならない・・・

ノコギリヤシは脱毛症に対してジヒドロステロン抑制効果があるらしいので、その延長として「プロペシア」VS「ノコギリヤシ」という比較をされやすいです。

しかし、そもそも医薬分類のレベルが違うので「処方箋医薬品」VS「化粧品や健康食品」を比較しても意味がありません。

ネット上でも賛否両論ですが、良くある丸め込みは「副作用がないから安心」です。

これを理由にしてしまうと、副作用がある薬はどれもダメになりますね。

逆にプロペシアやミノキシジルを評価して説明すると、昔に比べてAGAで悩んだ時の解決策を持てることはメリットでしょう。

ノコギリヤシで勝負したいんですが・・・

育毛剤関連の製品に詳しい方の中にはノコギリヤシに大きな期待を抱いている人もおられるかと思います。

現状、医薬区分でノコギリヤシは効果が立証されていませんが、研究レベルでは何かしらの効果があるという情報も散見されます。

そのため、求める効果によっては期待を持ってチャップアップサプリメントなどを試すことは無駄ではなく、個々にメリットを見出せると思います。

しかし、「どうしてノコギリヤシでなければならないのか?」という点は自己解決しておく方が良いかもしれませんね。

ジヒドロテストステロン対策を求めるなら、副作用がない成分は他にもあります。

それこそ「医薬部外品・チャップアップ」VS「健康食品・チャップアップサプリメント」で考えた時、期待が膨らむのはチャップアップだと思います。

黄金エキスやジオウエキスなど5αリダクターゼ抑制効果があるとされる成分が配合されており、以下の3つが育毛有効成分となっています。

・センブリエキス
・グリチルリチン酸
・ジフェンヒドラミンHC

プロペシアで勝負したいんですが・・・

一方、プロペシアで勝負したい方にとっては期待がかなり大きいと思いますが、悩みは副作用ですね。

間違いなくAGAの原因であるホルモン対策から改善が見られると思いますが、長期使用による副作用が懸念されます。

この副作用については臨床で各症状の発症率などのデータがありますが、処方箋医薬品なので担当医からの指示をしっかりと守ることが大切です。

最も注意しておきたいのが通販で個人輸入から使用しないことです。

薄毛やハゲの悩みでクリニックへ行くのは少し恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、必ず医師の診断から処方してもらうようにしてください。

ちなみにフィナステリドの副作用対策でバイアグラ等のED治療薬を使用する場合、こちらも個人輸入ではなくクリニックで処方してもらうようにしてください。

厚生労働省の公表データによると、個人輸入で最もトラブルが多いのはED治療薬系です。

医薬分類から治療薬や育毛剤をご紹介

治療薬や育毛剤の医療分類
さて、プロペシアとノコギリヤシの決着がついたところで、関連する情報として医薬分類から治療薬や育毛剤などを紹介しておきます。

今後、技術の進歩で新しい製品がたくさんリリースされると思いますが、現在の傾向から紹介しておくので1つの参考にしてくださいね。

AGA治療薬・処方箋医薬品が多い

AGA治療薬というのはプロペシアのように治療薬として区分されているものをいいます。

・フィナステリド:プロペシアが有名
・デュタステリド:ザガーロが有名

2つとも処方箋医薬品なので、AGA専門クリニックなどで処方してもらうことができます。

「ザガーロとは?」

プロペシアと似た効果を持つザガーロについては「AGAの新薬ザガーロとは?効果や口コミ、副作用など解説 」を読んでみよう。

育毛剤・医薬部外品以下が多い

育毛剤はチャップアップのように医薬部外品に区分される商品が多く、それ以外は化粧品区分の製品が殆どです。

・チャップアップ:医薬部外品の育毛剤
・フィンジア:化粧品の育毛剤
・薬用プランテル:医薬部外品の育毛剤
・長春毛精:医薬部外品の育毛剤
・スカルプ5.0C:化粧品の育毛剤

育毛剤だけに話を絞ると、その効果については必ずしも医薬部外品の方が優れているとは言い切れない部分もあります。

これも効果の定義によって賛否両論となるテーマですが、法的な条件をクリアしているという点では医薬部外品の方が人気な傾向があります。

「化粧品のフィンジアは効果ある?」

フィンジアは「フィンジアは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

発毛剤・第一類医薬品~化粧品

発毛剤に該当する製品の半数以上は大正製薬のリアップシリーズです。

リアップシリーズは以下の3区分があります。

・化粧品
・医薬部外品
・第一類医薬品

また、リアップ以外の製品は育毛剤と同様に化粧品か医薬部外品に該当する商品が殆どです。

ミノキシジルを求めてリアップシリーズに辿り着く方が多いと思いますが、リアップシリーズで最もミノキシジルの配合量が多いリアップX5プラスは第一類医薬品となっています。

「リアップX5プラス」

リアップX5プラスは「リアップX5プラスは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

一番迷うのが育毛剤

「プロペシアとノコギリヤシはどっちがいいかな・・・」と同じようなテーマとして、一般目線からいうと最も迷うのが育毛剤選びです。

AGA治療薬に関しては海外製品もたくさんありますが、治療目的で使うことからも対象者や用法が明確に決まっているので迷うことが少ないです。

発毛剤に関してはその殆どの製品がリアップシリーズであり、ミノキシジルの配合量が多い製品も壮年性脱毛症を対象としていることが明言されているので、こちらも迷うことが少ないです。また、リアップシリーズ以外の製品については育毛剤と選び方が全く同じです。

育毛剤に関しては医薬部外品であっても類似製品が非常に多く、それぞれの製品を徹底比較してNO1を決める事がとても難しいです。

仮にNO1を決めたとしても、それを決定した個人的な見解が非常に強くでることからも、他製品との差異を医学的に立証しなければ答えが出ません。

こうした現状から売れ行きや口コミで育毛剤を選ぶ方が多く、チャップアップが一歩リードといったニュアンスが見受けられます。