【マッサージで対処】つむじハゲに効果的なマッサージ方法解説!

頭皮マッサージ
抜け毛を予防するなら「マッサージ!」というのは有名ですね。

今回はハゲの中でも厄介なつむじハゲに効果的なマッサージを紹介していきます。

頭皮マッサージは効果あるの?

一般的に薄毛の話題ではマッサージをすると良いと言われることが多いですが、そもそもマッサージに効果があるのかどうか気になりますね。

効果があるのかどうかについては「はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師」という点にすべての答えが詰まっており、日本では国家資格として認められている職業です。

つまり、東洋療法は医学とは異なる観点から効果効能があることを国が認めているので、頭皮マッサージについても効果はあるでしょう。

マッサージの効果は部位によって様々ですが、主に以下のような効果があります。

・ストレス解消やリラックス効果
・自律神経のバランスを調整
・免疫力の向上
・疲労回復
・血行促進

頭皮マッサージについても血行促進やリラックス効果によって頭皮環境が良くなる可能性は大いにあります。

ツボを覚えよう!

つむじハゲに効果的なマッサージというのは、以下の2つがポイントです。

・マッサージのテクニック
・ツボ

頭皮のどこをマッサージすれば良いのかというのが焦点ですが、以下のようなツボがあります。

・百会(ひゃくえ):つむじにあるツボ
・風池(ふうち):耳の真下のやや後ろ側にあるツボ
・天柱(てんちゅう):後頭部と首の付け根付近、風池のさらに後ろ側
・角孫(かくそん):耳の真上にあるツボ
・肩:肩こりも頭皮への血行不良に繋がる

他にも頭部だけで様々なツボが存在しますが、特に百会や風池は美容室でマッサージされることも多く有名なツボです。

上記のツボをマッサージすることで得られるとされる効果は以下のような内容です。

・血行促進
・頭痛改善
・眼精疲労回復
・ストレス解消

他にも「自律神経が~」など様々な作用があるとされていますが、どのツボを押してどこまでどんな効果を得られるのかは不明です。

リラックス効果や血行促進によってメリットが誘発されるという考え方を持っておくと分かりやすいのかもしれませんね。

「頭皮の様々なツボ」

具体的なツボの場所は「毛の生えるツボがあるって本当?【ツボで発毛を攻略】」を読んでみよう。

マッサージのやり方は・・・

ツボが分かったところで次はマッサージのやり方ですが、筆者もこの記事を書きながら試したところ・・・「自分では出来ない!」という結論に至りました。

まず、つむじにある百会はそのままつむじ付近をマッサージするわけですが、ジーンとする感じはあるものの、うまくマッサージできません。

体感できたツボは「風池」と「角孫」です。

風池は耳の真下に指を置き、そのままやや後頭部あたりに移動してマッサージすると刺激を感じるポイントが見つかります。ここは美容室で洗髪後にマッサージされることが多いので、筆者にとっても馴染みのあるツボです。数秒マッサージするだけで「ジ~~ン」という感触が残るので、「これが血行促進というやつか!」と分かりやすい体感があります。

角孫は耳の真上に指を置いてマッサージすると、硬い感触のポイントが見つかると思います。そこをマッサージしても特に何も感じませんが、数秒マッサージし終えると「ジ~~ン」という感触があとからやってきます。

結論として、頭皮マッサージは人にやってもらう方が効果が高いと思います。風池に関しても美容室でマッサージを受けると急激な眠気に襲われますが、自分でやってもそこまでの気持ち良さはありませんでした・・・。

カップル同士で試してみよう!

頭皮マッサージは恋人同士や夫婦でお互いに試してみるのが良さそうです。

一人の方は美容室などへいった時にやり方を教えてもらっておくのが良いですね。

簡単にできそうですが、意外とツボの見つけ方やマッサージのやり方が難しいです。

・美容室
・頭皮サロン
・マッサージ店など

「薄毛が気になる日が多くて~・・・効果的なやり方を教えてもらえません?」と言えば、上記のようなお店で丁寧に教えてもらえると思います。

本当につむじハゲに効果があるのか?

つむじハゲに対してどのツボがどのくらいの効果を発揮するのかは分かりません。

どのツボを刺激しても、そのポイントを中心に頭皮の血行が促進されると覚えておく方が分かりやすいです。

つまり、つむじに対してだけ効果があるのではなく、頭皮全体の薄毛に対して効果があると言えますね。

薄毛は本当に謎が多く、AGAに関しても側頭部や後頭部はハゲにくいなどメカニズムが完全に分かっていません。

ただし、生活習慣と薄毛の関連性は動脈硬化や栄養不良から説明できるため、頭皮マッサージはピンポイントに頭皮を活性化させられることから意外と期待値は高いと思います。

医学では外部刺激で治療が行われることがあり、円形脱毛症の冷却療法やEDの衝撃波治療などがあります。その内容は異なるものの、マッサージも似たようなニュアンスがありますね。

つむじハゲは本当に厄介である

つむじハゲは厄介
薄毛は額や頭頂など原因によって発症ヵ所が異なりますが、円形脱毛症のように対策しやすいタイプもあります。

・前頭部:男性AGAが代表的
・頭頂部:男性AGAが代表的
・側頭部:円形脱毛症などでハゲることがある
・後頭部:円形脱毛症などでハゲることがある

基本的に男女においてハゲることが少ない場所は側頭部や後頭部です。

一方、前頭部や頭頂部はハゲることが多く、代表的なのは男性AGAです。女性の場合も普通に加齢によって頭頂が薄くなることが多いですね。

つむじハゲが厄介な理由

ハゲというのは違和感によって不安に駆られることが多く、その違和感というのは「毛に囲まれているかどうか」で大きく変わります。

M字ハゲなどの前頭部の薄毛は、髪の毛が生えている面積の外側にあたるため、ここが薄くなっても頭皮全体で見るとそれほど違和感を感じません。しかし、つむじハゲは薄毛の部分の周囲に髪が生えていることから目立ってしまいます。

頭がハゲたら髪の毛を伸ばして覆い隠すという方法が定番ですが、つむじハゲはこれが難しいです。

ヘアスタイルでの対策はトップ毛がポイントになってくるので、そのトップにあたるつむじ部分は髪型の工夫だけでは隠すことができないことが多いです。

そこで抑えておきたいアイテムとなるのが「ハゲ隠しスプレー」です。

ハゲ隠しスプレーは円形脱毛症のように狭い範囲に対して効果抜群なので、つむじハゲが目立つようになってきたら活用してみてくださいね。

「ハゲ隠しアイテム」

増毛スプレーは「増毛に効果的なスプレー10選!【パウダーでハゲを隠そう】」を読んでみよう。

ハゲ隠しはあくまでもその場凌ぎ・・・

ハゲ隠しスプレーやパウダーはとても便利ですが、こうしたアイテムはあくまでのその場を凌ぐためのアイテムです。

やはり、いつどんな時でもつむじハゲを気にすることなく生活するなら、根本的な解決をはかる必要があります。

・生活習慣を見直そう
・育毛剤を使おう

頭皮をマッサージして育毛促進するのと同じように、生活習慣を改善することでもヘアサイクルを正常化させることができます。何から始めれば良いか分からないという方は、食生活を見直すことからスタートしましょう。

「薄毛に効果的な栄養素」

薄毛が気になった時に摂取しておきたい栄養素は「食べ物から育毛促進!効果のある食事・栄養素を解説 」を読んでおこう。

また、育毛剤を使用することでも頭皮環境を整えることができるため、こちらも合わせて検討しておくと良いです。

男性にオススメな育毛剤

育毛剤はとにかく類似製品が多いので商品選びに迷いますね。

迷った時は値段で決めるというのは間違いではありませんが、やはり成分にもこだわりたいところです。

総評して圧倒的な人気があるのはチャップアップであり、AGA対策としても使用している方が多いです。

愛用者が多いことからレビュー数も充実しているので、口コミから良し悪しを判断したいという方にもオススメです。

「チャップアップ」

チャップアップは「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

女性にオススメな育毛剤

女性の育毛剤は「女性用育毛剤」がファーストチョイスとなります。

チャップアップのように人気の高い育毛剤の殆どは男女兼用なので、別に使用しても問題はありません。

しかし、AGA対策としてリリースされている育毛剤は女性にとって効果を得られないケースもあり得るので、女性用の育毛剤を選んでおく方が無難でもあります。

AGA対策の育毛剤は男性ホルモンを抑制する働きがあるので、これが原因でハゲることが少ない女性にとっては別のアプローチがベースとなっている製品を選ぶ方が理にかなった育毛生活を送りやすいです。

男性用や男女兼用に比べて女性用は製品数が少ないですが、魅力的な育毛剤はちらほらとあります。

例えば、マイナチュレはモンドセレクションでも評価が高く、女性に人気の育毛剤として有名です。

「マイナチュレ」

女性に人気のマイナチュレは「マイナチュレは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでみよう。

まとめ

今回はつむじハゲに効果的なツボマッサージを紹介しましたが、自分でマッサージできるツボがあればそうではないツボもあるので、実用性はツボ次第といった感じでした。

生活習慣を改善したり育毛剤を使用するのと同じでツボマッサージについても継続する方が効果は高くなるので、百会(ひゃくえ)風池(ふうち)のように自分でもマッサージできるツボをいくつか覚えておき、洗髪するときなどに継続して実践してみてはいかがでしょうか。

また、マッサージ店へ行った時などに頭皮のマッサージも合わせてお願いするなど、つむじの薄毛が気になり始めたら頭皮環境を整えることを意識しておきたいところですね。