縮毛強制はハゲ・薄毛を悪化させるって本当?【頭皮に塗らないように気をつけて】

縮毛矯正と薄毛の関係
「縮毛矯正はハゲや薄毛を悪化させる!」という説があります。

今回は縮毛矯正の内容やハゲとの関連について紹介していきます。

縮毛矯正とハゲの関係性

「縮毛矯正はハゲ・薄毛を悪化させるって本当?」の答えを最初に紹介しておきますと、これは「NO!」です。

縮毛矯正をすることが直接的な原因となってハゲることはありません。

しかし、縮毛矯正のやり方が下手だと頭皮に薬剤が付いてしまうので、その影響から薄毛になってしまう可能性があります。

縮毛矯正とは?

そもそも縮毛矯正の意味が分からない方も少なからずいると思います。

縮毛矯正は「くせ毛をストレートにする」という内容であり、薬剤を使ってうねうねしている地毛をストレートに矯正することができます。

1.薬剤を使う:1液や2液など、使用するセットによってやり方が多少異なる
2.アイロンする:薬剤使用後にアイロンから熱で髪を伸ばす
3.薬剤を使う:アイロン後に薬剤でハリを戻す

主なやり方は上記の3手順ですが、自分で市販されているアイテムから行う時は薬剤の使用時間をしっかりと守ることがポイントです。

薬剤は頭皮に塗らない

縮毛矯正は専用薬剤を使用しますが、これは頭皮から1cmほど間隔をあけて髪に塗ります。

頭皮にベッタリと薬剤を使用すると、想像どおりに強烈なダメージを受けてしまうので厳禁です。

今回のテーマの答えはここにあり、縮毛矯正でハゲや薄毛が悪化する説は頭皮に薬剤が付いてしまった結果から生まれたのでしょう。

カラーリングやパーマを行う時も薬剤を使用しますが、メカニズムはこれらと同じですね。

縮毛矯正の薬剤は強烈?

縮毛矯正は薬剤の使用時間が非常に大切であり、適当に放置時間を長くすると断毛することがあります。

つまり、薬剤の力が強く作用し過ぎることで髪が切れてしまうことがあるので、しっかりと時間を厳守しながら薬剤を使用しなければなりません。

特に自分で縮毛矯正を行う場合は、説明書に記載されている手順を熟読しておきましょう。

これだけ時間がシビアということは、それを頭皮に塗った時のダメージも想像どおりですね。

縮毛矯正はどこでやってもらえるの?

縮毛矯正は美容技術の1種なので、美容室などヘアサロンでやってもらうのが一般的です。

それ以外では、市販薬を購入して自分で行うことも不可能ではありませんが、アイロンを持っているかどうかや奇麗に薬剤を塗るという技術を考えると、プロにやってもらう方が良いでしょう。

また、何よりも自分で施術を行うと頭皮に薬剤が付きやすいため、ハゲや薄毛への影響が気になる方は美容室へ行くことを強くオススメします。

さらに、頭皮だけではなく髪そのものに対するダメージも考慮するならば、これもプロに任せるに越したことはないという結論に至りますね。

縮毛矯正のお値段は?

美容室で縮毛矯正をやってもらった場合のお値段は、「お店によって価格差が大きい・・・」という現状があります。

クーポン等から安くなるお店も多いですが、それでも5,000円ほどの価格差が生じることは珍しくありません。

・矯正縮毛の相場:10,000円前後~30,000円ほど
・ストレートパーマの相場:10,000円前後~15,000円ほど
・矯正縮毛の市販薬:1,500円前後~4,000円(amazon)
・ストレートパーマの市販薬:500円前後~3,000円(amazon)

美容室の料金は矯正縮毛よりも多少はストレートパーマの方が相場が安い傾向にあります。

市販薬は縮毛矯正もストレートパーマもそれほど価格に差がなく、プロ用の製品になると6,000円という高額なタイプもあります。

この価格差を見ると、自分で矯正縮毛をやる方が圧倒的にコストが安いので、矯正縮毛による薄毛説が広がる理由も納得ですね。

自分で矯正縮毛をやる人は多い?

矯正縮毛というのは今生えている髪に対して効果があるので、一度このサービスに魅力を感じると継続する方が多いと思います。

継続性からコストを試算すると、やはり自分で薬剤を購入して定期的に矯正縮毛する方がコスパが明らかに良いため、自分で矯正縮毛をする人は意外と多いかもしれませんね。

髪が伸びるスピードは1ヶ月で1cmと言われているので、半年~1年以内のスパンで矯正縮毛を継続していくのが理想でしょうか。

年に2回と考えた場合、美容室の矯正縮毛相場の間を取って15,000円×2で30,000円、これにプロのクオリティを加味すると美容室でサービスを受ける方がコスパが良いとも言えます。

どうしてもコストを安く抑えたいという方は、矯正縮毛のやり方をYouTubeなどで勉強しておくのが良いかもしれませんね。美容師さんが紹介している動画がたくさんアップされているので、非常に良い参考になりますよ。

縮毛矯正とストレートパーマは何が違う?

関連する話題として、縮毛矯正とストレートパーマの違いについても紹介しておきます。

・縮毛矯正:くせ毛をストレートにする
・ストレートパーマ:パーマを落としてストレートにする

縮毛矯正とストレートパーマはどちらも髪をストレートにすることができますが、くせ毛の方は縮毛矯正の方が効果が高いです。

この話題は人によって定義が多少異なることが多いですが、美容業界では縮毛矯正とストレートパーマの大きな違いは「アイロンによる熱」です。

ストレートパーマは薬剤使用後にコーミング(くし)で髪を伸ばすことが多いですが、縮毛矯正はアイロンで髪を伸ばします。

一般的にくせ毛に対してストレートパーマをかける人は少なくないと思いますが、これは間違った選択ではなく美容室でオススメされることも良くあります。

くせ毛の度合いによってはストレートパーマでも十分に効果を得られる可能性もあるので、その辺りは行きつけの美容室で相談しながら決めていくのが良いでしょう。

・縮毛矯正:持続力が高い
・ストレートパーマ:くせ毛に対しては落ちやすい

そもそも薬剤の作用にも違いがあるので、そのままくせ毛に対しては縮毛矯正、パーマを落としたいならストレートパーマという選択が無難なことは間違いありません。

縮毛矯正剤・資生堂クリスタライジング

クリスタライジング引用元:amazon

縮毛矯正の効果についても口コミを簡単に紹介しておきます。

資生堂プロフェッショナルとしてリリースされている縮毛矯正剤の「クリスタライジングαHハードタイプ」は、約2,000円の価格でベストセラー商品となっています。

149件のレビューで☆4.0という高評価なので、高評価と低評価を合わせて紹介しておきます。

高評価

高評価に関しては、値段が安くて効果も抜群といった内容が殆どです。

コスパ的に大満足

娘のロングヘアを縮毛矯正しました。初めての縮毛矯正だったので、健康毛過ぎたかな?1回で無くなりそうなくらいたっぷり塗って、しっかり時間も30分、業務用ヘアアイロンで伸ばしましたが美容院の様にはいかなかったものの、自然なストレートヘアにする事が出来ました。これはこれで満足です。臭いが強いので、家庭では夏場に窓全開とかでないと大変なことになるかも?

艶のあるまとまる髪になりました。

美容院がこの薬剤で縮毛矯正をしてくれて、とても綺麗になったので、娘にやってあげるために購入しました。加熱しなくてもキレイに伸びて艶のある髪になりました。

クルクル頭の旦那に

凄くきついクルクル天パの旦那に買いました!市販でしても全くストレートにならなかった旦那ですがこちらの商品をつかわしていただいて超では無いですが自然なサラサラストレートになりました!1液を塗った時から手応えはありました!違う方のレビューに書いてあった通りべったべたに塗りストレートアイロンをていねいにかけました!もう1回したら完全なストレートになるかなって感じですが旦那はとても満足しています!届くのも早く、助かりましたら。ありがとうございます。本当に下手な所に行くより値段も安く大満足です‼︎

低評価

縮毛矯正による薄毛やハゲが気になる方は、以下の低評価のレビューをしっかりと見ておきましょう。

やり方に失敗すると断毛からのボウズというケースもあるようです。

駄目だった

髪はストレートになりましたが自分のやり方が下手だったのか真ん中だけ髪がバッサリ抜けてどうしようも出来なくなり坊主にしました。
美容院に行けば良かったです。

やはり美容院なんでしょうね・・・

美容院では縮毛矯正の常連です。自宅でできないものかと考えて購入。美容院で対応してもらうように丁寧に1剤を塗ります。約30分後、洗い流すと・・・・・ツイストパーマのように大爆発した大変な状態に。アイロンで収まるようなレベルではありません。おかしな化学反応でもおきたのでしょうか。2剤を塗るまでもなく、諦めてバッサリと美容院で髪を切りました。元の髪型に戻るまでどれくらいかかるのだろうか。今回はH(ハードタイプ)なのでこうなったのか、N(ノーマル)が良かったのかもしれません。やはり最終的には美容院に任せるのが一番という結論に至りますね。

ダメ

全然真っ直ぐにならないし髪もモロ痛む本当に買って損しました。匂いも猛烈に臭いしこれはダメでした。そりゃそうだよなぁー自分でできたら美容院行かなくてもいいのだからそんな上手いこといきませんよね残り半分以上残っていますがもう使わないと思います。

まとめ

今回は縮毛矯正と薄毛やハゲの関連性を紹介しましたが、以下のポイントを参考にしてくださいね。

・薬剤を頭皮に付けない
・薬剤の使用時間を厳守する
・髪が切れるとその部分がハゲているように見える

頭皮にダメージを受けなくても、断毛によって部分的に髪が切れるとハゲているように見えてしまいます。

縮毛矯正はカラーリングやパーマとは異なり、いつも以上にクオリティにこだわることが大切です。

市販薬を使うのが安いですが、クオリティにこだわるなら美容師に任せる方が良いでしょう。