円形脱毛症って病院で治るの?病院・市販処方の違いを解説してみた

円形脱毛症
円形脱毛症は毛根組織に対する免疫力の低下が原因であることが多いです。

免疫力が低下する直接的な原因はストレスを筆頭に様々な理由があると考えられています。

円形脱毛症とは?

円形脱毛症は頭皮の一部がコインサイズにハゲる脱毛症です。

この脱毛症は一般的にも知られている症例であり、「ストレスが原因でなるらしいよ」なんて話題は良く耳にしますね。

頭皮の脱毛といえば男性がイメージされますが、円形脱毛症は女性にも起こり得る脱毛症です。

円形脱毛症の原因は?

冒頭で紹介したように円形脱毛症の原因は毛根組織に対する免疫力の低下とされており、自己免疫疾患が大きな原因とみられています。

免疫というのは、ガン細胞など自己物質ではない異常な細胞を認識して攻撃排除するという抵抗力です。

PCに例えると、「ウイルスソフト」のようなものです。

自己免疫疾患というのは、本来は異物だけを認識排除するところが正常な自己物質まで攻撃排除してしまうという症状です。

PCに例えると、ウイルスソフトがオペレーションシステムなど異物ではない正常な機能を排除してしまうニュアンスです。

どうして毛根組織に対する免疫力が低下するのか?ここが焦点となりますが、以下のような原因から自己免疫疾患になると考えられています。

・ストレス
・遺伝
・アトピー
・女性ホルモンの変化
・ウイルス感染

円形脱毛症は自己免疫疾患になる原因が色々と考えられるものの、その原因を調べるためには専門医の診断から経過観察を踏まえて探っていくしかありません。

「男性のハゲパターン」

男性のハゲや薄毛の種類は「男性のハゲ・薄毛のパターン全解説!【原因や対策は?】 」を読んでおこう。

円形脱毛症の種類は?

円形脱毛症引用元:NIKKEI STYLE

円形脱毛症の種類は

・単発型:一般的に認知されているコインハゲ
・多発型:コインハゲが頭皮の数ヵ所で起こる
・全頭型:頭皮全体に脱毛が進行する
・汎発型:まゆげなど全身で脱毛症が起こる

の4種に区別されるという情報が散見されます。

頭皮の脱毛というのは円形脱毛症以外にも、M字ハゲやつむじハゲなど様々な脱毛があります。

どんな症状においても脱毛が進行すると頭皮全体がハゲてしまうことは共通しており、その意味においては円形脱毛症の種類を覚えるというよりは「円形脱毛症=コインサイズのハゲ」とは限らないという認識を持つだけで良いです。

この4種に話を絞ると、最初は「単発型」から脱毛が発症して進行していくことは共通、その後はどの段階まで円形脱毛症が進行するのかは個人差が非常に大きいです。

最も重要なことは「円形脱毛症の原因は?」を調べることです。

「女性のハゲの分類」

女性の脱毛や薄毛は「女性のつむじハゲの症状解説!【原因・解決策まで!】」を読んでおこう。

円形脱毛症の原因の調べ方は?

円形脱毛症の原因で紹介したように自己免疫疾患になる直接的な原因は色々と考えられるため、それを調べることが本当に大切です。

円形脱毛症の原因を調べる方法は「専門医に相談する」しかありません。

例えば、一般的には円形脱毛症はストレスが原因と言われますが、もしかすると遺伝かもしれませんね。

ストレスと遺伝では根本的に円形脱毛症が起こる原因が異なるので、治療方法も変わってくることになります。

円形脱毛症の相談先は

・脱毛専門クリニック
・病院の皮膚科

の2つがあります。

どちらを選ぶべきか迷うのであれば、脱毛専門のクリニックで実績が高いところを選ぶ方が安心感を得やすいです。

円形脱毛症の治療方法は?

円形脱毛症の治療方法は

・ステロイド注射:ステロイドの注射
・紫外線療法:紫外線を照射
・冷却療法:液体窒素やドライアイスで冷却から誤免疫を抑制
・スーパーライザー療法:赤外線を照射
・点滴静注ステロイドパルス療法:短期でステロイドを大量投与
・局所免疫療法:科学試薬でかぶれを発生させて発毛促進を促す
・内服薬:ステロイドやセファランチンなど、飲み薬
・外用薬:ステロイドやミノキシジルなど、外用薬

というように様々な治療方法があります。

治療方法に関してはざっくりと「こんな療法があるのか・・・」という感じで捉えておけば良く、基本的に専門医の診断から治療方法の提案を受けることが何よりも必要です。

また、どの治療方法が最適なのか?についても、素人はもちろんながらも医者であっても絶対的な答えを出すことは難しいと考えられます。

とにかく円形脱毛症が起こっている原因を特定していくことが必要であり、そこが治療のスタートラインとなります。

病院で円形脱毛症は治るの?

円形脱毛症
クリニックで「私の円形脱毛症は治りますか?」と質問した時、「あなたの円形脱毛症は治りませんね・・・」と答える医師はいないでしょう。

円形脱毛症はまだまだ謎が多いですが、どんな症状であっても完治させることに100%の力を注ぐのが医師のプロ意識です。

これはもう医師に希望を託すしかないため、「病院に行っても治るとは限らないよね・・・」と考えるよりは「診断=原因を追究して治療を提案」のスタートラインに立つことの方がポジティブであることは間違いありません。

病院と市販処方の違いとは?

さて、今回のテーマである「病院と市販処方の違いとは?」ですが、これは基本的に医師の診断があるかどうかの違いです。

・病院→医師が診断をして処方薬を決める
・市販処方→自分で市販されている薬を決める

病院というのは、診療科ごとに専門の医師が在籍しており、治療を始める前に診察から症状や治療内容の説明が行われます。

市販処方というのは、薬局やドラッグストアに売っている薬のことであり、外用薬では発毛剤や育毛剤が代表的です。

ネット上では、このテーマにおいて「○○の薬の配合成分は~」を中心に情報が散見されますが、その配合成分があなたの円形脱毛症に効果的かどうかを判断するためには「円形脱毛症の原因は?」を自分自身で判断する必要がありますね。

また、薬局などで薬剤師に対して「この市販処方は円形脱毛症に効果がありますか?」を訪ねても、薬剤師の仕事に「診断」はないので明確な回答は得られません。

つまり、市販処方で円形脱毛症を治療していく場合、自分で薬の効能や円形脱毛症の知識を勉強することが必要不可欠であり、そのレベルを高い水準まで引き上げなければ自分の円形脱毛症に対して効果的な薬を見つけることはできないと考えます。

円形脱毛症で使われる薬とは?

円形脱毛症の治療で使われる薬は

・セファランチン
・グリチルリチン
・メチオニン
・ステロイド
・抗アレルギー
・ミノキシジル
・塩化カルプロニウム

というように様々な種類があり、「日本皮膚科学会」では円形脱毛症診療ガイドライン2010において「薬の使用推薦レベル」が提唱されています。

要するに円形脱毛症は様々な原因が考えられることからも、その原因に対する薬の処方も多岐に渡るというわけです。

また、自己免疫疾患に至る原因を解明するのが非常に難しいことからも、それによって治療が長期化することも多いです。

円形脱毛症の対処方法

円形脱毛症が気になり始めた時、最もオススメな対処方法は「クリニックで相談する」です。

病院や脱毛専門クリニックで相談をすると診断から治療を受けられるのが大きなメリットですが、不安を払拭できるという点も回復に向けての期待値が非常に大きいです。

次に以下のポイントを抑えておいてください。

・回復までウィッグを検討する
・ストレスを解消する
・栄養バランスを改善する
・生活習慣を改善する

例えば、市販処方の薬で「血行促進」に期待を持つなら、適度な運動を心がけたりお風呂に浸かることでも血行を改善することができます。

また、円形脱毛症に限らず頭皮の脱毛はヘアサイクルの乱れが要因となることが多く、ストレスや生活習慣などによって血管が細くなって頭皮に栄養が行き届かない、それによって本来は成長すべき髪の毛が成長せずに脱毛に至るという症例がとても多いです。

このメカニズムだけに焦点を絞ると、血管が収縮して血流悪化から脱毛が起こっている可能性があるならば、タバコをやめたり運動をするなど健康的な体を作ることに徹底すると一定の効果を得られると考えることができます。

クリニックで円形脱毛症の相談をすると処方薬から治療を進めていくことになりますが、日常生活の改善というのはクリニック治療と合わせて相乗効果を見込めるので実践しておきたいポイントです。

回復するまでどうすれば・・・?

円形脱毛症
円形脱毛症になったら

・クリニックに相談
・日常生活の問題点を改善

の2つを意識しておき、脱毛の進行を食い止めながらも髪の再生を促すことが求められます。

市販処方も含めて治療に専念し始めたら、その後は「髪が生えるまでどうしよう・・・」という問題点が出てきます。

これに対しては

・男性:回復するまでボウズを検討
・女性:回復するまでウィッグを検討

がスタンダードな対処方法となります。

男性にボウズがオススメな理由

円形脱毛症はM字ハゲなど額付近のハゲとは違って、不自然にハゲが進行します。

また、コインサイズでごっそり髪が抜けてしまうので、ヘアスタイルの工夫からハゲを隠すのが非常に難しいです。

ハゲに対するヘアスタイルというのは「見え方=違和感がないかどうか」なので、円形脱毛症に対してはボウズが最も自然なヘアスタイルとなります。

「ボウズ15選」

ボウズスタイルは「ハゲ・薄毛なら坊主でキマリ!オススメ髪型15選【ボウズアレンジもあり】」を参考にしよう。

女性にウィッグがオススメな理由

女性の場合、円形脱毛症以外の症状に対してもウィッグが最善の対策となります。

やはり、女性でボウズにするのは様々な意味合いから難しい対処方法となるため、ウィッグ以外の選択肢が無いとも言えます。

「ウィッグやヘアスタイル20選」

女性の薄毛は「薄毛の女性でも似合う髪型20選!【女性の薄毛は悲観する必要はない】」を参考にしよう。