つむじハゲをうまく隠す方法解説!【つむじハゲを気にしなくても良いように】

つむじハゲ
つむじハゲはM字ハゲやO字ハゲなど、他の脱毛パターンに比べて隠すのがとても難しいです。

症状によって隠すことができないケースもあるので、ボウズも合わせて検討してみてください。

つむじハゲを隠す方法

つむじハゲを隠す方法は

・髪で隠す
・帽子をかぶる
・ウィッグを着用する
・スプレーやパウダーを使う

の4つがあります。

上記の4種の中でも万人にとって理想な方法は「髪で隠す」だと思います。しかし、髪で隠せるかどうかは薄毛の進行具合によるため、中期や末期とハゲが進行している場合は思い切って諦める方が好印象を与えやすいことを覚えておいてください。

・つむじハゲの範囲が狭い→ヘアスタイルの工夫で隠せる
・つむじハゲの範囲が広い→理論的に隠すことが不可能

髪で隠す方法

つむじハゲが一定の範囲に留まっている場合、トップや前髪などを長く伸ばすことで隠すことができます。

しかし、ハゲを隠す安定感という意味では、スポーツをするなどヘアスタイルが乱れると簡単にバレてしまうので注意が必要です。

やり方自体は難しいところは特にないので、とにかくハゲを隠せるだけ髪を伸ばすことに専念しましょう。

また、ヘアスタイルについては美容室で相談するのがベストであり、ハゲについて気軽に相談できる美容室を見つけておくこともポイントです。

帽子で隠す方法

帽子で隠す方法はそのままの通りです。

この方法はプライベートにおいては効果的ですが、毎日の学校生活や仕事生活では実践することが難しいですね。

思い切ってボウズにしてしまい、プライベートでは帽子をファッションアイテムと活用する方が心身ともにストレスのない生活を送りやすいです。

ウィッグで隠す方法

ウィッグで隠す方法は主に女性向けの方法です。

男性はボウズという最終手段がありますが、女性の場合はつむじハゲが進行した場合にウィッグに頼らざる終えないケースが多々あります。

これはつむじハゲだけではなく、円形脱毛症など女性の様々な脱毛症に共通する対策となります。

「薄毛の女性へ」

ヘアスタイルの工夫やウィッグは「薄毛の女性でも似合う髪型20選!【女性の薄毛は悲観する必要はない】」を読んでおこう。

スプレー等で隠す方法

薄毛やハゲを隠すために作られたスプレーやパウダーがあります。

・マッシーニ
・黒染ボリュームアップスプレー
・Vアップボリュームアップスプレー
・スピーディーヘアカバースプレー
・ヘアーシルエットダンディマジック

相場は大体2,000円前後なので特に高いわけでもありません。

使い方はどんなタイプも殆ど同じであり、ハゲを隠したいところにスプレーするだけです。

スプレーを噴射した部位で配合成分が固まるので、一見するとハゲていないように見えます。

ただし、以下の注意点を抑えておいてください。

・水で簡単に落ちるので雨の日は注意
・近距離だと分かってしまう
・スプレー隠しがバレると逆に恥ずかしい
・広範囲の薄毛は違和感を感じやすい

この隠し方の理屈は、要するにハゲている頭皮を髪の毛と同じ色に染めるという内容です。

スプレーをして疑似的な髪の毛を付けられるわけではないので、ボリュームアップはそこまで期待できません。

また、水分で簡単に落ちてしまうので、雨の日にやると服が黒くなってしまうことがあります。

小範囲のハゲに対しては簡単に実践できるので便利ですが、長期継続してハゲを隠すという意味ではいずれバレるリスクの方が高いと考えます。

「○○さんってハゲを隠すためにスプレーしているよね?」なんて噂が職場で流れる方が恥ずかしいので、超ド短期での隠し方としては向いています。

どの隠し方がオススメ?

つむじハゲ
さて、つむじハゲを隠す方法はどれがオススメなのか?とても迷うポイントです。

根本的につむじハゲの症状によって効果を得られる隠し方が限られてくる為、以下を参考にしてください。

・髪で隠す:ハゲが小範囲に留まっていること
・帽子をかぶる:あくまでもプライベート対策
・ウィッグを着用:女性に強くオススメ、男性には不向き
・スプレー等:一時的な凌ぎとして効果的

消去法でいくと・・・

自分のつむじハゲの症状に対してベストな隠し方を模索する場合、消去法が分かりやすいです。

まず、今の症状をしっかりと分析して「髪で隠せるかどうか?」を考察しましょう。

髪で隠すことができるなら、あとはヘアスタイルを考えれば問題解決です。

髪で隠すことができない場合は3つの選択肢がありますが、その中でも1日中ずっと対策を取れるのはウィッグかスプレー等です。

女性の場合はウィッグがオススメ、軽度な脱毛症ならお団子ヘアにするなどヘアスタイルの工夫でも隠すことができます。

男性の場合はウィッグ自体がファッションアイテムとして定着していない現状があるので、その意味からも不向きです。そうなると、残された選択肢はスプレー等となります。

スプレー等でつむじハゲを隠す場合は毎日顔を合わせる人々からいずれバレる可能性が高いため、この点をどう解決するのかが課題です。

ハゲを隠してることをバレても良い?

「どうしてハゲを隠すのか?」を考えると、やはり他人からハゲていることを指摘されるのが恥ずかしいからですね。

ハゲ隠しの最大のリスクは「隠していることがバレること」です。

他人にハゲを隠していることを知られることがないのであれば、基本的に隠す方法は何でも良いです。

しかし、人は体を服で隠すものの、頭は晒すという性質があるので、自然と隠す方法が限られてきます。

上記の流れから残された選択肢は市販されているスプレー等を使うという方法ですが、この方法を実践するときは他人にハゲを隠していることをバレても良いのかどうかを明確に決めておく方が良いです。

もし他人にハゲを隠していることをバレても良いというスタンスなら、スプレー等のアイテムは非常に役立ちます。

逆に他人にハゲを隠していることをバレたくないというスタンスなら、スプレー等は非常にリスクが高いです。

今のままでもハゲている自分に恥ずかしさを感じているのに、そのハゲを隠す行為がバレてしまった時の羞恥心は凄まじいダメージが想像できます。

バレた時にどう対応する?

職場におけるシーンを妄想してみましょう。

同僚「あれ?頭に何か塗ってる?」

自分「え・・・?ああ・・・なんかついてる?・・・。」

こうなった時にどのように切り返すのかがポイントです。

「実はさ、ハゲてるところを隠したくてね~やっぱ分かる?マジハゲ辛いわ~・・・。」

このように赤裸々に悩みを告白しながらも相談にもっていくという戦法がセオリーでしょうか。

「この前さ、ハゲ隠しのスプレーを買ってみたんだど、現在実践中なのですっ!!!」

この切り返しはユーモアで勝負する戦法ですが、大抵の人はこのセリフを言われたら笑みがこぼれるでしょう。

結局のところ、バレてしまうなら隠す意味がないともいえるので、ハゲが隠しがバレるパターンというのは「ハゲ隠しがバレた恥ずかしさを痛感する」というバレ損なわけですね。

ハゲ対策はボウズ最強説がある

つむじハゲ
「ハゲは隠すべからず」、ハゲ隠しがバレて恥ずかしい思いをするなら隠さずにハゲを認知してもらう方がメリットが高いという考え方があります。

薄毛になると最初は色々と工夫してバレないように対策をするわけですが、ハゲが進行するとボウズにするなど諦めるしかないことも多々あります。

実際に薄毛を隠すのをやめた時に開眼するのが「ボウズ最強説」です。

特にこのボウズ最強説はつむじハゲと相性が良いです。

つむじハゲの辛いところは「頭頂ハゲ」であること

つむじハゲは頭頂がハゲてしまうことからも、髪を伸ばすと違和感を感じやすいため隠す必要が出てきます。

この違和感を理屈的に考えると、髪畑の端っこがハゲるなら違和感を感じにくく、髪畑の中央になるほど違和感を感じやすくなります。

つまり、AGAの代表的なパターンであるM字ハゲやO字ハゲなどは同じハゲや薄毛でも違和感を感じにくい為、ベールに包む必要性は低いです。

逆に頭頂ハゲの場合は、ハゲている部分の周囲がフサフサの髪の毛で囲まれているので、何かしらの対策を取られなければ違和感を感じやすくなります。

ボウズ最強説とは?

ボウズって髪がないこと以外はメリットが多いですね。

・爽やかで清潔感がある
・洗髪が楽
・セットの必要がない
・男らしい
・ファッションとしてボウズスタイルは人気

日本では、ボウズといえばお坊さんがイメージされますが、オシャレな業界に目を向けるとボウズはかっこいいイメージが強いです。

・ヒップホッパー
・ダンサー
・バスケットボール選手
・陸上選手
・ロックのボーカル、などなど

ハゲている状態からのボウズはネガティブなイメージを持ちやすいものの、アーティストやスポーツ選手を参考にしてファッションとしてのボウズはネガティブな印象がありませんね。

髪型は他人に良い印象を与えるために気を遣うわけですが、ボウズにしても服装や体系で勝負すれば他人から好印象に思われることは可能です。

このようにして考えると、ハゲや薄毛って思っているほど深刻な問題でもないとも言えます。

つむじハゲを隠す必要性を考えてみよう

さて、今回はつむじハゲを隠す方法を紹介しましたが、男性の場合はつむじハゲを隠すべきなのかどうかは人によってかなり意見が分かれると思います。

もし、つむじハゲを隠すことが難しいほどハゲが進行しているなら、現代において「ボウズはオシャレスタイルの1つである」という認識をもってみてはいかがでしょうか。

下手につむじハゲを隠そうとしてバレてしまうより、潔くボウズにしてファッションセンスを磨いて勝負する方が良い結果に繋がりやすいと考えます。

ボウズはヘアスタイルをアレンジすることはできませんが、ヒゲを生やしたりメガネをかけるなどその他の方法で印象を変えることは十分に可能です。

最終手段としてボウズを検討する場合は、自分なりのボウズスタイルを追求してみてくださいね。