毛の生えるツボがあるって本当?【ツボで発毛を攻略】

ツボで発毛
毛の生えるツボをマッサージすると「すくすくと毛が成長していく」はずです。

今回はツボで発毛を攻略できるのかを考えてみたいと思います。

この記事もよく読まれています

東洋療法と鍼灸マッサージの効果

体には様々なツボがあって指圧やお灸によっていろんな効果に期待を持てるというのは、一般的にも知られていることですね。

まず、ツボの効果について基本情報を整理しておきましょう。

日本では、ツボによる何かしらの効果は東洋療法として1つのジャンルが確立されています。

東洋療法学校協会という公益社団法人によって鍼灸医療推進研究が結成されており、1993年から鍼灸マッサージ師は国家資格を要する職業になっています。

東洋療法においては、鍼灸マッサージ師が唯一の国家資格です。

・養成機関に入学する
・3年以上の修学
・卒業見込みで国家試験の受験資格を取得
・国家試験に合格で免許取得

指圧やお灸などの効果はもちろん賛否両論ですが、一応は国から認められている職業であることからも全く効果がないということはないでしょう。

鍼灸マッサージは効果ある?

鍼灸マッサージは効果がありますが、内容によります。

例えば、ガンになった時は鍼灸マッサージよりも病院で手術する方が良いですね。逆に腱鞘炎になった時は鍼灸マッサージで自然治癒力を高める方が良く、最終手段として手術を検討するのが一般的です。

鍼灸マッサージで髪を生やせる?

鍼灸マッサージによって髪を生やすことはできません。

しかし、髪が生えることに繋がる効果は得られます。

例えば、抜け毛の原因などで血流悪化という言葉を良く聞きますね。育毛剤や発毛剤でも血流改善や血管拡張という表現を良く見かけますが、こうした効果は得られると思います。

もっと身近なところだと、抜け毛を減らして髪の成長を促すなら頭皮マッサージが効果的と言われますが、まさにこの理屈は東洋療法ですね。

ただし、同じような効果を得られるとしても東洋療法はあくまでも外的作用であり、治療薬や発毛育毛剤のように成分を体内に取り入れるわけではないため、比較対象にはならないとも言えます。

頭皮に効果的なツボは存在する?

ハゲ改善ツボ引用元:HAIRS

体の様々なところに頭皮に効果的なツボは存在します。

頭部だけでも数十ヵ所はあるようなので、その効果のほどはさておき髪を生やすことに繋がる可能性を持てることは嬉しいですね。

頭皮に効果的なツボ引用元:HAIRS

1.百会(ひゃくえ):脱毛改善、頭痛など
2.顖会(しんえ):脱毛改善、頭痛など
3.神庭(しんてい):頭痛、不眠症など
4.曲差(きょくさ):頭痛、神経痛など
5.頷厭(がんえん):頭痛、目の不調など
6.角孫(かくそん):頭痛、脱毛改善など
7.和髎(わりょう):頭痛、目の不調など
8.風池(ふうち):血行促進、眼精疲労など
9.通天(つうてん):頭痛、脱毛改善など
10.翳風(えいふう):血行促進、ストレス改善など
11.完骨(かんこつ):頭痛、血行促進など
12.瘂門(あもん):頭痛、不眠症など
13.後頂(こうちょう):頭痛、不眠症など
14.風府(ふうふ):血圧、眠気など
15.天柱(てんちゅう):血圧、肩こりなど

各ツボによる効果は色々とあるようですが、薄毛に対しては「血行促進」「脱毛改善」に期待を持てるようです。

血行促進というのは一時的なものであれ、その部分の血行を促すことができる作用の総称です。

脱毛改善というのは基本的に血行促進からの脱毛改善やリラックス効果による脱毛改善などです。

ツボを刺激することで「5αリダクターゼが~」とか「自己免疫疾患が~」というような効果はきっとないので、生活習慣を改善して得られる効果と同じようなニュアンスで捉えておく方が良いでしょう。

ハゲ前とハゲ後はどちらの方がツボは効果的?

ツボによる効果は医学的にも不明な部分もあり、それはポジティブな考え方でもどうしてそのような効果を得られるのか謎なことも多いとされています。

「神秘的なパワー」を除外すると、ツボからハゲを改善させるならハゲ前の方が良いです。

育毛剤や発毛剤も頭がツルツルになってから使用しても効果がなく、ハゲる前から使用する方が良いとされていますね。

これと同じようにツボも薄毛が気になった時から実践していく方が、毛根が機能している状態で血行促進やストレス発散などによってヘアサイクルを正常に保つことに繋がるのだろうと思われます。

ツボのマッサージは自分でやっても効果ある?

ツボマッサージは自分でやるより他人にやってもらう方が良いです。

まず、ツボの場所によっては自分でうまくマッサージできません。

次に、他人にやってもらう方が言葉では説明することができない何かしらの理由から普段とは違った感覚に陥るため、リラックス効果などは得やすいのだろうと思われます。

例えば、美容室で洗髪してもらうと気持ち良すぎて急激に眠気がやってくることがありますね。これは単純に美容師さんの洗髪テクニックがうまいだけではなく、他人にやってもらうという不思議な感覚による作用もあるのだろうと思います。

マッサージのお店へ行った時などに、頭皮を中心にツボを攻略していくのが良いかもしれませんね。

毎日のお風呂で頭皮マッサージは効果あるの?

ツボを刺激することで血行促進や脱毛改善の効果があるならば、できるだけ継続性を持たせたいところです。

毎日のお風呂で洗髪するときにマッサージするように心がけたり、湯舟に使っている時に上記で紹介したツボを攻略してみてください。

また、お風呂に浸かるだけでも血行促進の効果があり、代謝アップに繋がるという話も良く聞きますね。

シャワーでささっとお風呂を済ませるのではなく、湯舟に浸かる習慣を持つことも血行促進から脱毛改善効果に繋がる可能性はゼロではありません。

「逆立ちでハゲを改善できる説」

逆立ちをするとハゲを改善できる説は「逆立ちがハゲや薄毛に効果的って本当?【都市伝説に迫る】 」を読んでみよう。

育毛剤で発毛を攻略!

育毛剤でハゲを攻略

さて、ここからはツボ効果に対抗して育毛剤の効果を紹介していきます。

「ツボに発毛効果があるの?」と同じように「育毛剤で髪は生えるの?」という疑問がありますね。

育毛剤は植毛のように髪を生やすことはできませんが、髪を生やしたり育てることに繋がる効果があります。

・ジヒドロステロン抑制
・過剰な皮脂分泌の抑制
・硬化した頭皮の柔軟化
・かゆみやふけの防止
・抜け毛の防止
・薄毛の予防
・養毛など

上記のような内容は医薬部外品以上の医薬分類においても、効果効能に記載されていますね。

こうした効果をまとめて発毛効果や育毛効果と表現することができ、髪を生やす効果がなくても髪が生えるために必要な環境を整えることができるというアイテムが育毛剤です。

AGA治療薬ってどうなの?

ミノキシジルのように副作用がある治療薬は効果が高いです。

こうした副作用が強い治療薬は処方箋医薬品の分類となっているものが多く、市販されているタイプでもリアップx5プラス(ミノキシジル)の第一類医薬品のように医療区分が高いです。

一方、チャップアップのように副作用がなく育毛生活を送れる製品は化粧品か医薬部外品に区分され、知名度の高い殆どの育毛剤は医薬部外品です。

AGA治療薬は基本的にジヒドロテストステロンを抑制する効果が認められているなどその効果が明確なので、自分のハゲ原因が効果効能とイコールの場合は試してみる価値は大いにあります。

ただし、精力減退を筆頭にいくつかの副作用があることから、クリニックで相談をしながら検討するのが好ましいです。

市販されてる育毛剤はどうなの?

医薬部外品のように手軽に試せる育毛剤は、プロペシアやミノキシジルのようにハッキリとした効果効能を実感できないケースもあります。

壮年性脱毛症を含めたAGAでは、その原因が5αリダクターゼやジヒドロテストステロンであることが医学的にも分かっているので、これが原因の場合は市販されている育毛剤よりもプロペシアやミノキシジルを試す方が期待値は高いです。

これは医療区分の違いがすべての答えであり、やはり厳しい区分に分類されて副作用が懸念されるだけに効果も比例して高いです。

しかし、仮に効果を得られなかった場合に副作用のリスクを背負うだけになるため、効果がない場合に継続使用を避ける必要があるというのはデメリットです。

また、効果効能がジヒドロステロン抑制のように脱毛の原因が絞られるため、ストレスや自己免疫疾患で発症しやすい円形脱毛症などの場合は効果がないことも覚えておきたい点です。

この場合、市販されている育毛剤を使う方が改善される可能性が高く、リアップx5プラス(壮年性脱毛症以外効果がない)のように対象原因以外の原因については効果を得られないことが明確されています。

育毛剤は何を基準に選ぶの?

育毛剤の選び方は配合成分と値段です。

治療薬ではない市販の育毛剤でも、育毛有効成分が配合されていると発毛促進や育毛促進の効果を得られます。

また、良く勘違いされる点として1ヶ月や2ヶ月使えば効果を得られると思われる方が多いですが、育毛剤は基本的に6ヶ月前後を目安に継続使用しなければ効果を実感できないケースが多いです。

ヘアサイクルの変化を見極めるためには長期使用が欠かせないので、これを念頭に置きつつ育毛剤を試してみてください。

「チャップアップ」

人気の育毛剤は「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】 」を読んでみよう。

まとめ

ツボを攻略すると血行促進やストレス発散などの効果によって脱毛を改善できる可能性があります。

抜け毛をとめて髪を生やすためにはあらゆる可能性を拾っていく方が結果に繋げやすくなるため、毎日のお風呂で実践したりマッサージ店でツボ指圧をしてもらいましょう。

また、その生活に育毛剤を取り入れることで、相乗効果を見込めることも検討しておきたいポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク