【あなたはいくつ当てはまる?】つむじハゲの前兆解説

つむじハゲの前兆
つむじハゲというのは「頭頂ハゲ・てっぺんハゲ」とも呼ばれ、軽度な症状においてもハゲを隠すのが難しい厄介な症状です。

できることならつむじハゲは回避したいところなので、前兆が見られた場合は早急に育毛剤や生活習慣の改善で対処しましょう。

今回はつむじハゲの前兆を紹介していくので、当てはまる数が多い方は気を付けてくださいね。

この記事もよく読まれています

それはつむじハゲの前兆かも!ハゲに繋がる原因10選

つむじハゲになる原因はとても多いです。

以下、日常生活において思い当たる節があれば、つむじハゲになる可能性がある内容10選です。

1.お風呂で抜け毛が増えたように思う
2.ヘアスタイルのセットで頭頂がペタンとなる
3.髪が細く感じる
4.額の生え際が薄くなった気がする
5.睡眠不足が多い
6.好きな物しか食べない
7.運動不足が続いている
8.家系にハゲている人がいる
9.ストレスが溜まりやすい
10.ハゲることに恐怖を感じる

1つずつ見ていきましょう。

お風呂で抜け毛が気になる?

お風呂で髪の毛がたくさん抜けているように思う方は、つむじハゲになるかもしれません。

ヘアサイクルが正常な場合において、1日に抜ける髪の毛の本数は50本前後~100本と言われていますが、実際のところはもっと少ない方もいます。

ハゲになってしまう大きな原因はヘアサイクルの乱れでもあり、成長期が4~6年ほど続くところが極端に短くなってしまうので頭が薄毛になります。

毎日のお風呂で抜け毛が気になるならゴミ網をチェックしてみましょう。

「産毛を濃くする方法」

産毛を濃くする方法は「生え際の産毛を濃くする方法を解説!【生活習慣やシャンプーから見直そう】」を読んでみよう。

ヘアスタイルが決まらない?

ヘアスタイルがビシっと決まらない場合、頭皮が薄くなってボリュームが足りない可能性があります。

また、髪の毛の1本1本が細くなっているため、ヘアスタイルをセッティングした時にペタっとしてしまうことも考えられます。

つむじ付近は鏡を正面から見るだけではハゲているかどうかわからないので、鏡を2つ使って確認したり手触りなどからつむじをチェックしてみてください。

「てっぺんハゲにオススメなヘアスタイル15選」

てっぺんハゲでも決めりやすいヘアスタイルは「てっぺんハゲでもカッコよく決まる髪型15選! 」を読んでみよう。

髪が細く感じる?

髪が細くなっていると、栄養が足りないことからそのまま頭皮が薄くなる可能性があります。

血流が悪くなって頭皮に栄養が届かないことからハゲてしまうという話は良く聞きますね。

細い髪はヘアスタイルを変えることでも、ボリューミーな頭皮を演出することは可能です。

「猫毛にオススメヘアスタイル20選」

髪が細い方は「髪の細い、猫毛でも似合う髪型20選!【猫毛を生かす】」を読んでみよう。

前髪が薄い?

前髪が薄いということは、頭皮全体の髪が細くなっていたり、すでに額から薄毛が進行している可能性があります。

男性の場合はAGAで前髪が薄毛になるのは典型的、女性も前髪は個人差があるものの薄くなる個所の1つです。

前髪もヘアスタイルを工夫することでボリュームを演出することができます。

「前髪が薄い女子にオススメなヘアスタイル15選」

前髪が気になる女子は「前髪が薄い・ハゲている女子に知ってほしい、オススメヘアスタイル15選! 」を読んでみよう。

睡眠不足が多い?

睡眠不足が続くと成長ホルモンが減少するなど、抜け毛が増える要因になり得ます。

これは成人の男女だけではなく、高校生も若ハゲに繋がることがあります。

夜はしっかり睡眠を取るように心がけ、たかが睡眠不足でハゲになるのは避けたいところですね。

「高校生でもハゲる可能性あり?」

高校生がハゲる可能性については「高校生でもハゲる可能性あり?高校生でハゲる原因・対策など解説 」を読んでみよう。

栄養バランスが崩れている?

栄養バランスが崩れていると、動脈硬化や栄養不足などによって抜け毛が増えることがあります。

また、根本的に髪が成長するためにはミネラルやタンパク質などバランスの良い栄養が必要なので、栄養バランスに気を遣うことを心がけましょう。

「女性のつむじハゲの原因」

女性のつむじハゲの原因は「女性のつむじハゲの症状解説!【原因・解決策まで!】」を読んでみよう。

運動不足が続いている?

運動不足が続くと動脈硬化や肥満などによって抜け毛が増えることがあります。

基本的に抜け毛対策というのは、規則正しい生活を送ることに繋がる部分が多数あるため、栄養バランスや睡眠と合わせて運動不足も解消するように心がけるのが好ましいです。

「逆立ちでハゲが治る?!」

逆立ちでハゲが治る説は「逆立ちがハゲや薄毛に効果的って本当?【都市伝説に迫る】 」を読んでみよう。

家系にハゲている人がいる?

家系にハゲている人がいると、遺伝によってハゲる可能性が高くなります。

これはつむじハゲではなく、あらゆるハゲの可能性を秘めているところが厄介です。

クリニックへ行けば遺伝子検査を受けられるので、時間のある時に検査を受けて遺伝の可能性を診断してもらいましょう。

「男性のハゲや薄毛のパターン全解説」

男性の薄毛やハゲは「男性のハゲ・薄毛のパターン全解説!【原因や対策は?】」を読んでみよう。

ストレスが溜まりやすい?

ストレスは円形脱毛症の原因としても有名であり、ストレスを溜めないに越したことはありません。

ストレスは毎日の生活で自然と蓄積されるため、いかにストレスを消化できるのかがポイントでもあります。

「円形脱毛症の初期症状」

円形脱毛症の初期症状は「円形脱毛症の初期症状ってどんな状態?【早期改善できますように】」を読んでみよう。

ハゲることに恐怖を感じる?

最近抜け毛が増えてるしハゲるかもと恐怖に怯えると、それがストレスに繋がってハゲやすくなる可能性があります。

あまりビクビクせずにハゲは自然現象でもあるという認識を持つことも大切です。

特殊な原因によって薄毛が進行する場合、これはクリニックで治療に専念するのが好ましいです。

「ステロイドは効果的?」

円形脱毛症のステロイド治療は「円形脱毛症にステロイドが効果的って本当?検証してみた 」を読んでみよう。

前兆が見られた場合の対処方法

つむじハゲの対処方法

さて、つむじハゲの前兆が見られた場合は以下の2つから対処していきましょう。

・生活習慣を改善する
・育毛剤を使う

最初にシャンプーについて触れておきますが、シャンプーを変えてもヘアサイクルを正常化することに繋がる可能性はそれほど高くありません。

シャンプーによって抜け毛が増えるケースがありますが、それはシャンプーの成分によって頭皮がダメージを受けているからです。

このケースにおいては、天然由来の頭皮に優しいシャンプーを使うことによって抜け毛を改善できる可能性があります。

動脈硬化や栄養などいわゆる抜け毛の原因といわれる薄毛の対処方法としては、シャンプーを変えるよりも育毛剤を使う方が期待値は高いです。

生活習慣の見直しで抑えておきたいポイント

生活習慣の見直しは以下のすべてを実践しましょう。

・栄養バランス
・運動
・睡眠

生活習慣を改善させると生活習慣病になる可能性も低くなるため、何かの病気を理由に脱毛症になることも少ないです。

栄養バランスは髪の効果とされるミネラルやビタミン類などを多めに摂取するのは効果的ですが、とにかく栄養のバランスを整えることを優先しましょう。

体内の血液や細胞というのは、特定の1つの栄養素で決まるわけではありません。

3つのポイントを改善させるだけでも抜け毛が減ることは大いにあり得るので、クリニックや育毛剤に頼らないというスタンスなら生活習慣の改善に全力をぶつけたいところです。

今こそ育毛剤を使うべき

育毛剤は抜け毛が気になったときに使うのがベストです。

もちろん、抜け毛が進行した場合にプロペシアやミノキシジルのような治療薬を使うのは医学的にも効果が認められていますが、市販されている育毛剤はヘアサイクルを正常に保つという意味で使うのが良いです。

例えば、かゆみやフケが多い場合は頭皮が乾燥するなど髪の成長が阻害されることがあります。こうした場合に育毛剤を使うことで、髪の畑である頭皮の環境を良くすることができます。

また、育毛剤の単独効果だけではなく生活習慣を改善して得られる効果と合わせて考えると、2つを同時に実践していく方がより効果が高いと言えます。

つむじハゲに効果的な育毛剤は?

つむじハゲというのは○○脱毛症という特定の脱毛症例に絞られるわけでもなく、円形脱毛症がつむじにできることがあればAGAの1種としてつむじハゲは有名でもありますね。

育毛剤を選ぶ時につむじハゲに対して最強の力を発揮する製品はなく、普通にセンブリエキスなどの育毛有効成分が配合されている育毛剤を選べば良いです。

また、AGAによってつむじハゲが進行しているならプロペシアのような処方箋医薬品を使うのも効果的です。

女性の育毛剤の選び方は?

市販されている育毛剤の殆どは男女兼用ですが、女性の場合は女性専用の育毛剤を選ぶという選択肢もあります。

女性用の育毛剤は男性用に比べて成分の含有量が少なかったり、天然由来成分から頭皮に優しい作りになっている製品が多いです。

男性と女性は同じつむじハゲでも、抜け毛が起こっている原因が異なるケースがあります。

その辺りも加味しながら男女兼用にするか女性用にするかを決めていくと良いですね。

まとめ

今回はつむじハゲの前兆を紹介しましたが、殆どの前兆はつむじハゲ以外のハゲにも共通するものがあります。

また、男性AGAの場合はM字ハゲから頭頂ハゲまで3種類の症状が確認されていますが、いずれのケースも末期になるとつむじ部分もハゲることが多いという点は覚えておきたいところです。

前兆が見られた場合は生活習慣を改善しながら育毛剤を使って解決をはかってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク