蛇行性脱毛症とは?気になる症状・治療法・予防法など解説

蛇行性脱毛症
蛇行性脱毛症は円形脱毛症の1つの症状です。

今回は円形脱毛症の初期症状であるコインサイズとの違いを解説していきます。

この記事もよく読まれています

蛇行性脱毛症とは?

円形脱毛症はストレスなどから発症する身近な脱毛症です。

・単発型:コインサイズ
・多発型:頭部の数ヵ所に円形脱毛症が起こる
・全頭型:多発型の進行形態で頭皮全体に円形脱毛症が起こる
・汎発型:全身の毛が抜ける

蛇行性脱毛症は名前のとおり、蛇の模様のように抜け毛が進行するため、上記区分では「多発型」「前頭型」に該当します。

単発型の症状

単発型の症状

引用元:初めての若ハゲ対策に必要な基礎知識・おすすめの育毛剤まとめサイト

こちらは誰もが知っている初期症状の円形脱毛症です。

コインサイズの範囲で単発発症するのが特徴であり、大抵は自然治癒できます。

しかし、原因によっては蛇行性脱毛症へ進行することがあります。

蛇行性脱毛症の症状

蛇行性脱毛症の症状

引用元:初めての若ハゲ対策に必要な基礎知識・おすすめの育毛剤まとめサイト

こちらは初期症状が頭皮の数ヵ所におこる多発型~全頭型の症状であり、今回のテーマである蛇行性脱毛症です。

初期症状の場合、ヘアスタイルを工夫して隠すことができます。

しかし、蛇行性脱毛症の場合は隠すことが難しいため、男性ならボウズにしたり女性ならウィッグを使うといった対策が効果的です。

どこまで脱毛が進行するのか分からない・・・

末期の円形脱毛症

引用元:美容医療の口コミ広場

実は円形脱毛症は不明な部分が多く、蛇行性脱毛症を発症してからどこまで症状が進行するのか分かっていません。

上記のように汎発性脱毛症に近いところまで症状が進行することもあります。

一方、原因によっては同じ円形脱毛症でもコインサイズに留まることがありますし、何よりも大切なことは原因を早期に解明することです。

「蛇行性脱毛症=円形脱毛症」である

「蛇行性脱毛症とは何か?」の答えは、冒頭で紹介したように円形脱毛症の1つの症状というのが答えです。

また、円形脱毛症には大きく分けて4つの症状があることを紹介しましたが、それぞれの名称と蛇行性脱毛症の名称は使い分けが必要なのかどうかも気になりますね。

これは医学的に名称を使い分けることがあると思われますが、一般的には多発型~全頭型の円形脱毛症と表現しても蛇行性脱毛症と表現してもどちらでも良いです。

名称を使い分ける必要がない理由は、結局のところは「円形脱毛症」という点、さらにそれぞれの症状に明確な原因の違いが特にないからです。

円形脱毛症はストレスで発症することが多いと言われますが、多発型も蛇行性脱毛症もストレスで発症することがあるのは共通です。

例えば、ストレスによって蛇柄のように脱毛が進行した時、医学的にもストレスを原因に多発型と蛇行性脱毛症の違いを定義づけることはできないと思われます。

仮にそれぞれの症状を理論的に定義づけることができても、原因が同じで治療方法も同じならわざわざ区別する必要がありません。

また、ここでは4種の症状から円形脱毛症を説明していますが、ネット上では逆蛇行性脱毛症など○○脱毛症と細分化された情報も散見されます。

基本的に円形脱毛症の治療に関して参考になる「日本皮膚科学会」の資料によると、頭皮全体の脱毛割合に対して各治療方法が推薦されています。

つまり、名称が何であろうと肝心なのは原因や脱毛の割合などです。

蛇行性脱毛症の原因は?

蛇行性脱毛症の原因
さて、蛇行性脱毛症の原因を見ていきましょう。

・ストレス
・アトピー素因
・自己免疫疾患
・遺伝
・ホルモン

これは円形脱毛症の主な原因ですが、基本的に蛇行性脱毛症は初期症状からの急激な進行で起こることを考えると、やはり原因は円形脱毛症と同じでしょう。

遺伝に関しては家族に円形脱毛症を発症した経験を持つ方がいると、同じように円形脱毛症を発症しやすい傾向が少なからずあるようです。

蛇行性脱毛症の原因はどれなのか?

ここで気になるのは蛇行性脱毛症がどの原因によって発症するのかです。

残念ながら、今の医学ではどの原因によって蛇行性脱毛症になるのか明確な答えがありません。

重度の円形脱毛症は自己免疫疾患によって発症するケースが最も多いとされており、急激に抜け毛が進行することも大きな特徴とされています。

自己免疫疾患とは?

免疫というのは抵抗力であり、外部からのウイルスなどを認識して攻撃するシステムがあります。

自己免疫疾患は何かしらの原因から、このシステムが正常に機能しなくなる症状です。

本来は毛根を敵と認識しないはずなのに何かの理由によって誤認識から毛根を破壊してしまう、というのが自己免疫疾患による円形脱毛症です。

また、自己免疫疾患が原因の場合に単発型~汎発型のどこまで症状が悪化するのかもランダムです。

ストレスによって蛇行性脱毛症は起こる?

ストレスによる体への悪影響は本当にいろんな内容がありますが、円形脱毛症もその1つです。

また、ハゲや薄毛に話を絞っても円形脱毛症以外の脱毛症が起こる可能性もあるので、その度合いも分からないところが多々あります。

ストレスは円形脱毛症の代表的な原因とされていますが、これだけを理由に蛇行性脱毛症になる可能性は低いのかもしれません。

何故なら、ストレスは誰もが日々の生活で自然と蓄積されるものであり、仕事や家庭の重圧を抱えることは珍しくありません。

その割には、一般的に円形脱毛症を発症している人を見かけることは珍しくありませんが、蛇行性脱毛症を発症している人を見かけることは少ないですね。

しかし、ストレスは血管収縮以外にもホルモン異常や自己免疫疾患など様々な原因を誘発する可能性があるため、その点を踏まえるとストレスによって蛇行性脱毛症になることは大いにあると言えます。

メーターを思いっきり振り切るような過度なストレス、あるいはストレスによる他の原因によって蛇行性脱毛症は起こりやすいのだと思われます。

蛇行性脱毛症の予防法と治療法

蛇行性脱毛症の予防法と治療法

まず、蛇行性脱毛症の治療法についてはクリニックで診断を受けることを覚えておけば問題ありません。

自己治療から完治を目指すことは難しいので、とにかく診断を受けましょう。

予防法については以下のポイントを抑えておくしかありません。

・ストレスを発散する
・栄養バランスを整える
・運動する
・良く寝る
・タバコやお酒など悪習慣を改める
・頭皮ケアを考える

要するに生活習慣を改善して血行促進や栄養といった点から円形脱毛症の発症率を下げていくことが予防法です。

円形脱毛症を予防できると蛇行性脱毛症を予防できるので、初期症状を発症しないように確率を下げることに努めるしかありません。

蛇行性脱毛症の治療方法は?

蛇行性脱毛症の治療方法は基本的にステロイド治療が取られることが多いです。

ステロイドは炎症を沈下したり免疫力を下げたりする効果がありますが、アトピー素因や自己免疫疾患など円形脱毛症の主な原因に対して最も推薦されている治療方法です。

また、ステロイドだけに絞ってもステロイドパルスや注射など、様々な治療方法があります。

自己解決するならリンデロンを買うなど身近な方法がありますが、やはりステロイドの扱いは副作用を考えるとプロに任せる方が良いと思います。

「円形脱毛症にステロイドは効果的?」

円形脱毛症に対するステロイド治療は「円形脱毛症にステロイドが効果的って本当?検証してみた」を読んでみよう。

クリニックへ行くタイミングは?

蛇行性脱毛症が明確に分かった時点でクリニックへ行くよりも、円形脱毛症の初期症状が見られた時点で診断を受けるのが望ましいです。

日本皮膚科学会の臨床結果では、重度の円形脱毛症は早期治療を行うほど改善が見られたケースが多かったとあります。

コインサイズの症状を発症した段階で診断を受けておくと、早めに原因を絞って治療対策を取ることができます。

予防法はどれから始めれば良い?

蛇行性脱毛症は日々の生活を改めることで発症率を下げられることがありますが、どれから始めれば良いという答えは特にありません。

例えば、ストレスが溜まりやすい場合、運動習慣や早寝習慣があるとストレスが自然と発散されやすいです。逆にストレスが溜まりにくい場合、悪習慣を多く持つほど血管収縮や栄養不足などが薄毛に直結するリスクがあります。

自分の生活習慣を見直して、気になるところから改善するスタンスを持つことが大切です。

生活習慣を改善して効果はあるの?

生活習慣を改善して蛇行性脱毛症を予防できるのかというと、これは発症リスクを下げられることは間違いありませんが、完璧に予防できることはきっとありません。

何故なら、遺伝によって発症しやすいケースや原因不明からの自己免疫疾患などは防ぎようがないからです。

ただし、ストレスからの他要因誘発などを想定した場合、規則正しく健康的な生活を送っておくほど可能性は低くなります。

また、薄毛やハゲというのは生活習慣との関係が深いので、円形脱毛症以外の脱毛症を考慮してもやっておくに越したことはありません。

何よりも健康的な生活というのはデメリットがないので、ポジティブに考えることが大切ではないでしょうか。

頭皮ケアに気を配る必要はあるの?

シャンプーが合わないなど、頭皮ケアに失敗して蛇行性脱毛症になることはなさそうです。

この場合、フケや皮脂によって脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症になることの方が多いです。

直接的に蛇行性脱毛症とは関係がないものの、生活習慣の見直しの1つとしてついでにやっておきましょう。

「ひこう性脱毛症とは?」

ひこう性脱毛症については「ひこう性脱毛症って?気になる症状・原因・対策を解説! 」を読んでみよう。

まとめ

蛇行性脱毛症はかなり重度な症状なので、急激に抜け毛が増えた場合は迷わずにクリニックへ行ってください。

これは育毛剤や発毛剤を使っても原因や用途が異なるため、ステロイド治療などから経過観察していく必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク