後頭部・側頭部はなぜハゲないのか、解説してみました

後頭部と側頭部がハゲない理由
一般的に頭皮が薄くなってきたら前頭部や頭頂部がハゲることが多く、後頭部や側頭部がハゲることは少ないですね。

今回は「どうして後頭部や側頭部はハゲにくいのか?」を解説していきます。

この記事もよく読まれています

ハゲの種類によって部位が異なる

一言にハゲといっても以下のように様々な種類があります。

・AGA
・円形脱毛症
・ひこう性脱毛症
・脂漏性脱毛症

いろんな種類がある中でもAGAによってハゲる方が圧倒的に多いため、一般的に見かけるハゲ(前頭部や頭頂部がハゲる)はAGAです。

AGAは3タイプある

ハミルトンノーウッド引用元:N-H分類

AGAは以下の3タイプに分けることができます。

・M字ハゲ:額がM字にハゲる
・O字ハゲ:額がO字やU字にハゲる
・つむじハゲ:頭頂のつむじがハゲる

これはハミルトンノーウッド分類で明らかにされており、側頭部や後頭部からハゲが発症することは少ないようです。

上記の3タイプのどこから薄毛が進行しても、最終的に前頭部と頭頂部を中心に全体が薄毛になることが分かっています。

しかし、末期症状になっても側頭部や後頭部だけは髪が残っているケースあるため、ここが最大の疑問です。

AGAの原因はジヒドロテストステロンの生成

AGAの原因はジヒドロテストステロンの生成にあります。

AGAは男性型脱毛症といって男性が発症する脱毛症であり、テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンが生成されることで起こります。

テストステロン自体は生体的に必要なホルモンであり、特に精力や性機能といったメカニズムにおいて欠かせないものです。加齢に連れて勃起不全になることが多いですが、その原因の1つがテストステロンの減少でもあります。また、頭皮に関しても加齢によってハゲることが多いですが、こちらもテストステロンの減少が1つの原因です。

AGAは早い方だと20代~30代から前兆が見られますが、これは5αリダクターゼという酵素にあります。

5αリダクターゼは1型と2型があり、以下のようになります。

・5αリダクターゼ1型:側頭部や後頭部に多く、ジヒドロテストステロン生成への影響力が弱い
・5αリダクターゼ2型:前頭部や頭頂部に多く、ジヒドロテストステロン生成への影響力が強い

5αリダクターゼ1型は側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在していて、ジヒドロテストステロン生成への影響が約3割程度だとされています。一方、5αリダクターゼ2型は前頭部や頭頂部に多く存在しており、ジヒドロテストステロン生成への影響が約7割ほどあるとされています。

つまり、側頭部や後頭部がハゲにくい理由は「ジヒドロテストステロン生成に大きく関る5αリダクターゼ2型が側頭部や後頭部に少ないから」というのが理由ですね。

AGA治療薬がAGAに効果的な理由

AGA治療薬としてプロペシアやザガーロは有名ですが、これらの治療薬が効果的である理由も合わせて紹介しておきます。

・ザガーロ:テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害する
・プロペシア:5α-還元酵素2型を選択的に抑制することによりテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害する

ザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)の主成分は上記のような作用があるため、AGAの根本的な原因である5αリダクターゼ2型を抑制することで薄毛の進行を止めることができるわけです。

ちなみにザガーロとプロペシアは処方箋医薬品なので、専門クリニックでカウンセリングを受けて処方してもらう必要があります。

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。

「ザガーロとプロペシアの違い」

ザガーロとプロペシアの違いは「AGAの新薬ザガーロとは?効果や口コミ、副作用など解説 」を読んでみよう。

AGAに効果的な育毛剤もある

AGAに対して育毛剤は効果がないという声も散見されますが、5αリダクターゼを抑制できる製品もあります。

チャップアップの場合だと、オウゴンエキスやジオウエキスなどが5αリダクターゼに効果があるとされているため、プロペシアのように副作用が懸念される治療薬を避けたい方にとっては良い候補となってきます。

基本的に発毛剤のリアップシリーズ(ミノキシジル)のように副作用成分が配合されていない限り、殆どの育毛剤はリピドー衰退などの副作用がありません。

気軽にAGAを改善したいなら、まずは育毛剤からスタートしてみてはいかがでしょうか。

「チャップアップ」

圧倒的な人気を誇るチャップアップは「チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】」を読んでおこう。

側頭部や後頭部は本当にハゲないのか・・・?

側頭部や後頭部もハゲる

さて、AGAにおいては5αリダクターゼの分布によって側頭部や後頭部はハゲにくいわけですが、円形脱毛症など他の原因による薄毛の場合は側頭部や後頭部がハゲることもあります。

円形脱毛症を例に見ていきましょう。

単発型の症例

単発型引用元:AGAの教科書

こちらは円形脱毛症の初期症状である単発型です。

一般的にもコインサイズの症状はストレスなどによって発症することが多いですが、頭皮のどこに症状が出るのかは決まりはありません。

AGAではハゲにくい側頭部や後頭部に発症することもあるので、絶対に側頭部や後頭部がハゲないということはありません。

ちなみに円形脱毛症の初期症状に関しては、生活習慣を改善することで予防できます。

殆どの場合は、自然治癒から治せることが多いので、完治できるまでヘアスタイルの工夫などで対策を取りましょう。

「コインサイズを隠すヘアスタイル10選」

円形脱毛症を隠す髪型は「円形脱毛症でも安心、おすすめの髪型10選!【コインサイズを隠す】 」を読んでみよう。

多発型の症例

多発型引用元:ALL About

こちらは多発型の円形脱毛症です。

初期症状はストレスなどの生活習慣から発症することが多いですが、多発型への進行は自己免疫疾患が原因であることが多いとされています。

自己免疫疾患は毛根細胞を敵とみなして攻撃してしまうため、免疫機能を低下させるステロイド治療が行われることが多いです。

頭皮の数ヵ所にハゲが見られた場合は、速やかにクリニックへ行くようにしましょう。

「ステロイド治療」

円形脱毛症に対するステロイド治療は「円形脱毛症にステロイドが効果的って本当?検証してみた 」を読んでみよう。

全頭型~汎発型の症例

末期の円形脱毛症引用元:美容医療の口コミ広場

多発型以降は頭皮全体の薄毛割合から治療方針が変わり、自己免疫疾患を原因としてどこまで症状が進行するのかは不明です。

上記画像は多発型~前頭型の症状であり、蛇行性脱毛症と呼ばれることもあります。

この症状が進行して全身の毛が抜けてしまう汎発性脱毛症に発展するケースもあります。

多発型と同様に速やかにクリニックで治療を受けるのが好ましいです。

「重度の円形脱毛症は治るのか?」

重度の円形脱毛症については「汎発性脱毛症って治るの?原因と症状・対処法を解説してみた 」を読んでみよう。

ひこう性脱毛症の場合も側頭部や後頭部がハゲる?

円形脱毛症以外の脱毛症に関しても、やはり側頭部や後頭部がハゲる可能性はあります。

例えば、ひこう性脱毛症はフケによって発症しやすい脱毛症ですが、フケが蓄積されている部分のヘアサイクルが乱れてしまうと、そこが側頭部や後頭部であってもハゲてしまいます。

AGAでは側頭部や後頭部はハゲにくいものの、その他の脱毛症に関してはハゲる可能性があるということを覚えておき、早期に対策を取るように心がけたいところですね。

「ひこう性脱毛症とは?」

ひこう性脱毛症って?気になる症状・原因・対策を解説!」を読んでおこう。

ハゲた時に最も困る場所は?

ハゲて困る場所

何を原因としてどこがハゲようとも、実際に頭皮がハゲた時に真っ先に行う対策は「ハゲ隠し」ですね。

・前頭部:ヘアスタイルで対策しやすい
・頭頂部:ハゲ隠しスプレーなどを使う必要がある
・側頭部:ヘアスタイルで隠しやすい
・後頭部:ヘアスタイルで隠しやすい

脱毛範囲が狭い範囲に留まったケースとして、最も隠しにくいのが頭頂部です。

前頭部は前髪の分け方などで工夫をしやすく、側頭部はトップ毛を降ろすことで覆い隠しやすいです。後頭部も側頭部と同じで小範囲ならトップ毛を使って隠すことができます。

困った時の神アイテム

どの部分のハゲも脱毛範囲が広くなるとヘアスタイルの工夫だけでは隠せなくなります。

そんな時はハゲ隠しスプレーやパウダーを使うのがおススメです。

また、女性の場合は部分ウィッグを使うことでも違和感なくハゲを隠しやすくなります。

「ハゲ隠しスプレー10選」

ハゲ隠しアイテムは「増毛に効果的なスプレー10選!【パウダーでハゲを隠そう】」を読んでみよう。

そもそもハゲないのが理想

薄毛は生活習慣を見直すことで、円形脱毛症や脂漏性脱毛症など様々な脱毛症の発生率を下げることができます。

・十分な睡眠をとる
・運動不足を解消する
・ストレスを溜めない
・栄養にこだわる

栄養にこだわるだけでも効果があるので、毎日の生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

「栄養で育毛促進」

髪の成長に効果がある栄養は「食べ物から育毛促進!効果のある食事・栄養素を解説 」を読んでみよう。

まとめ

今回は男性AGAの原因をベースに側頭部や後頭部がハゲない理由を紹介しましたが、原因によっては側頭部や後頭部がハゲることもあり得ることを覚えておきましょう。

基本的にハゲというのは生活習慣の改善や育毛剤の使用から予防することがポイントであり、もし何かしらの脱毛症が起こった時は原因を調べて対策を立てることが大切です。

特に身近に起こりやすい円形脱毛症については重度の症状になると頭皮全体が薄毛になるため、異常な症状が見られる場合は早期にクリニックへ行くことも検討しておきたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク