【遺伝子に負けるな】若いうちからできる、薄毛・ハゲ対策に効果的な生活習慣

遺伝ハゲに負けるな
AGAは叱り、円形脱毛症や壮年性脱毛症など身近な脱毛症の多くは遺伝の影響があるとされています。

「お父さんハゲてる・・・ということは僕も・・・人生おわった・・・。」

今回は遺伝子に負けるなと称して生活習慣からのハゲ対策をまとめて紹介していきます。

この記事もよく読まれています

生活習慣によるハゲを甘く見てはいけない

遺伝子によるハゲというのは、X染色体のアンドロゲン(ステロイドの1種・男性ホルモン)が影響していると言われています。

これはAGAが分かりやすい例であり、男性ホルモン受容体が強いとジヒドロテストステロンが生成されやすいため、両親と同じように頭皮がハゲやすいわけです。また、染色体は母親から受け継がれるため、父親がハゲで母親がフサフサなら遺伝子によってハゲない可能性が高いとも言われています。

遺伝子によって自分の頭皮がハゲるかどうかは、遺伝子検査を受けることで発症リスクをシミュレーションできます。どうしても遺伝によるハゲが気になるという方は、クリニックで検査を受けてみましょう。

さて、ハゲというのは遺伝以外にも生活習慣との関りが非常に深く、頭皮ケアだけでも脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症などを発症してしまうことがあります。

生活習慣によってハゲる理由

生活習慣によってハゲリスクが高まる理由は色々とありますが、基本知識として覚えておきたいのは動脈硬化と栄養の偏りです。

・動脈硬化:血液の流れが悪くなる
・栄養の偏り:髪の成長や生成がうまくいかない

髪の毛の生成や成長にはタンパク質など関連する栄養素が必要であり、人の体は栄養から細胞を作って健康的な体を作り上げることからも、血液の流れも非常に重要な役割があります。

生活習慣によって栄養が偏ったり動脈硬化になると、その影響から薄毛になってしまうリスクが高くなります。

・タバコやお酒
・運動不足
・睡眠不足
・栄養バランス
・頭皮のケア

また、悪影響な生活習慣は生活習慣病やメタボになる可能性が高くなるため、何かしらの病気の影響から髪の毛が抜けるというケースもあります。

ヘアサイクルを覚えよう

ヘアサイクル引用元:ヘアサイクル

ハゲというのは何が理由であろうと「ヘアサイクルの乱れ」によって起こります。

髪の毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返すメカニズムであり、生活習慣など悪影響を受けると成長期が短くなってしまいます。

通常なら髪の毛が成長する期間が短縮されて退行期へ移行してしまうため、これによって頭皮の毛量が減ってしまうわけです。

どうして成長期が短縮されるのかは様々な原因があり、生活習慣に話を絞れば動脈硬化だったり栄養の偏りだったりすることが多いです。

また、根本的に頭皮環境の悪化として乾燥やシャンプーの洗い残し、あるいはパーマ液の影響など本当に原因は様々です。

正常なヘアサイクルをキープすることがポイント!

今回のテーマで覚えておきたいことは、生活習慣を意識する理由は「正常なヘアサイクルをキープするため」という点です。

生活習慣の影響から抜け毛が増えた場合、理論的には生活習慣を改善することでヘアサイクルを戻すことができます。

栄養の偏りが原因なら栄養バランスを整える、動脈硬化に関しても健康的な生活を送ることで血流は改善されますね。

さらに育毛促進は発毛促進というのは市販されている育毛剤や発毛剤を使うのも効果があります。

ネット上では、若いころから育毛アイテムを使うのは体への負担があるという情報も散見されますが、それは副作用によるので一言に「若い人は育毛剤や発毛剤を使わない方が良い」と括るのは間違った認識です。

また、育毛剤や発毛剤は即効性があるという情報もちらほらと見られますが、これらのアイテムに即効性はありません。使用目安は数ヶ月~6ヶ月、処方箋医薬品のAGA内服薬ですら同様の使用期間が目安となっています。

育毛剤や発毛剤は継続使用することで効果を得られるため、生活習慣の改善と非常に相性が良いです。

若いころから意識しておくべき4つの生活習慣

生活習慣でハゲ対策

健康的な生活を送ってハゲを回避するのは貯金に似ています。

毎日の生活でコツコツと努力することでヘアサイクルをキープできるため、何よりも継続することを意識しておかなければなりません。

対策その①・栄養に気をつかう

最初に取り組みたいことは「栄養バランスを整える」です。

これは実践するのが非常に難しいですが、家族と同居している方は団らんで栄養について知識を深め合うのがオススメです。

栄養バランスは1日や2日と必要な栄養素を摂取しても効果が低く、やはり継続がポイントになります。

毎日の食事で栄養バランスを整えるためには「素材を調達」と「料理」の2つの作業が必要であり、これを各家庭の料理担当者だけに任せるのは酷です。

皆で知識を深め合うと買い出しも和気あいあいと積極的になりますし、継続もしやすくなります。

以下の記事ではヘアサイクルに関連する栄養素が紹介されているので、どんな栄養素を摂取すべきなのかを確認しておきましょう。

「食べ物から育毛促進!」

育毛促進に関連する栄養素は「食べ物から育毛促進!効果のある食事・栄養素を解説」を読んでおこう。

対策その②・運動する

栄養バランスが改善されると血液もサラサラになるので血の流れが良くなりますが、運動不足になると体重増加や筋力低下などによって動脈硬化になりやすいです。

そのため、栄養バランスと合わせて「適度な運動」も心がけておきましょう。

良く誤解される内容として、運動をすればハゲないということではなく、運動する目的は筋力アップや血流改善などです。

また、運動不足は高血圧からの生活習慣病が大きなリスクでもあるので、ハゲ云々で定期的に運動する習慣を持っておく方が良いです。

10代や20代と若い年代では異性を意識することが多いと思いますが、スタイルというのは異性から注目されるポイントでもありますよ。

長い人生でずっと運動を継続することを考えると、ウォーキングやランニングのように単独で実践できる運動を選ぶ方が都合が良いです。

・ウォーキング
・ランニング
・筋トレ
・ジム

楽しみながら目標をもって取り組んでみてくださいね。

対策その③・お酒とタバコを控える

体に悪影響とされる習慣は色々とありますが、「お酒とタバコ」は代表的ですね。

どちらも依存性が高いので、やめようと思ってもやめれないことが難点です。

すぐにやめることができないという方は、量を減らすことからはじめてみましょう。

また、年齢が若い方はこれからの人生で「吸ってみる?」という誘惑がどこかでやってくるでしょうが、吸わない方が良いです。

タバコを吸うリスクはもちろんですが、10年後や20年後にタバコ依存から脱することに苦労します。

対策その④・頭皮ケアにこだわる

髪の毛は頭皮に生えるのですから「頭皮ケアにこだわる」ことも大切です。

頭皮ケアに関しては以下のポイントを抑えておきましょう。

・皮脂や汚れをしっかり落とす
・シャンプーは1日1回でOK
・乾燥に気をつける

基本的に毎日シャンプーしておけば問題ありませんが、1日に何度も洗髪すると皮脂が落ちすぎてしまうので、それが原因で抜け毛になることもあります。皮脂というのは適量を頭皮に残す必要があり、皮脂がバリアとなって頭皮を守る役割もあります。

シャンプーに関しては製品選びに迷うところですが、人によって最強のシャンプーは異なります。

敏感肌なら天然由来成分のシャンプーが良いでしょうし、皮脂分泌が多い方は洗浄力の強いシャンプーの方が良いかもしれませんね。

乾燥については秋や冬の季節にフケが出やすくなるため、頭皮用の化粧水を使うなどして対策を立てておきましょう。

また、頭皮ケアの失敗によって極稀に発症するひこう性脱毛症については、以下の記事を読んでみてくださいね。

「ひこう性脱毛症」

ひこう性脱毛症については「ひこう性脱毛症って?気になる症状・原因・対策を解説! 」を読んでおこう。

健康的な生活でハゲリスクは低下する!

生活習慣とハゲリスク

4つのポイントを実践しておけば、真逆の生活を送ることに比べると格段にハゲリスクは低くなります。

そのほか、気を付けておきたい点としてストレスがありますが、これは円形脱毛症とセットで覚えておきましょう。

円形脱毛症とは?

円形脱毛症はストレスや自己免疫疾患などによって突然コインサイズのハゲがでる症状です。

この症状は若い年代でも起こり得る身近な脱毛症であり、ストレスによって起こりやすいとされています。

円形脱毛症の症状は初期から末期まで4段階でレベル分けされますが、初期症状のコインサイズに関しては自然治癒できることが多いです。

しかし、日数が経っても治る兆しが見られず抜け毛が増えるようであれば、迷わずクリニックへ行くようにしましょう。

「円毛脱毛症の治療方法」

円形脱毛症の治療方法は「円形脱毛症って病院で治るの?病院・市販処方の違いを解説してみた 」を読んでおこう。

まとめ

今回は生活習慣の改善からハゲリスクを低下させる方法を紹介しましたが、もし○○脱毛症を発症して治療に専念することになっても生活習慣の改善は必ずやった方が良いです。

また、若年層で育毛剤や発毛剤を使うべきかどうかについて最後に紹介しておきます。

育毛剤に関しては、チャップアップなど有名どころに関して副作用があるとされる育毛剤がありません。また、医療区分は医薬部外品や化粧品が殆どなので、若い方でも気軽に使うことができます。

発毛剤に関しては、日本において大正製薬のリアップシリーズだけ「ミノキシジル・めまい等の副作用がある成分」に注意をしておき、それ以外の発毛剤と呼ばれる製品は育毛剤と同じで副作用がありません。

・副作用の有無
・年齢制限
・使用上の注意

この3点を見ながら商品を選べば、特に問題なく育毛発毛生活を送れます。

早い人だと高校生や大学生あたりから薄毛になることもあるので、1つの対策として育毛剤や発毛剤を使うのは効果的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク