アナウンサー 小倉智昭本当にハゲているのか?【徹底検証】

男性にとって3大悩みのタネはEC、短小&包茎、そしてハゲです。このうちEDと短小&包茎は、女性とそのような行為に及ぶか、人前では裸にならない限りはバレませんが、ハゲだけはそうはいきません。頭部は初対面でも1番先に見る身体の部位ですから、顔かたちのよしあしとハゲだけは露骨に分かってしまいます。ハゲの男性はそのことを嫌って、増毛手術やAGA治療薬で何とか改善しようとします。そのハゲをバレないようにする方法で1番簡単なのがカツラ、いわゆるヅラです。芸能人でも明らかにヅラだろう、という人はたくさんいます。その疑惑の渦中にいるうちの1人が小倉智昭さんです。TVやネットで小倉智昭さんは実はハゲでヅラをかぶっているのではないかということがまことしやかに伝えられています。それは本当なのでしょうか。そこでここでは、小倉智昭さんが本当にハゲているのかどうか、ということを、できる限り科学的論理的に、そして徹底的に検証していきます。

この記事もよく読まれています

小倉智昭さんのプロフィールは?

出典:オールラウンド

まず最初に小倉智昭さんのプロフィールに簡単に触れておきましょう。

小倉智昭さんは1947年に石油会社社員だった父親の赴任先である任先だった秋田県で生まれました。

その後東京に戻り、小学、中学、高校と進学しますが、1番真剣に取り組んだのは陸上競技です。中でも高校の時には短距離走でインターハイに出場する直前だったといいますから、相当のレベルです。しかし、足のけがや、掛け持ちでしていた音楽バンドの方が忙しくなったため、陸上競技は獨協大学の2年生の時にやめてしまいます。

そして大学卒業時後は、アナウンサーとして当時の東京12チャンネル、今でいうTV東京に入社します。入社後は競馬放送の実況で有名になりましたが、29歳の時に大橋巨泉に誘われてフリーアナウンサーに転身します。しかしすぐには売れず、苦しい時代を経たようですが、30代も終わりになった頃に、徐々にナレーター業などで人気が出始めました。40代以上の人にとって小倉智昭さんのナレーションが1番印象的なのは、プロ野球の珍プレー好プレーでの小倉智昭さんの洒脱なナレーションではないでしょうか。

そしてその後1999年にスタートした朝の情報バラエティ「情報プレゼンター とくダネ」でMCとなり、すっかり朝の顔として定着して今に至っています。

小倉智昭さんはハゲているのウワサは本当か?徹底検証!

以上のような小倉智昭さんですが、ハゲているというウワサが本当なのか早速検証していきます。

TVで目撃されたヅラバレ事件

小倉智昭さんがハゲているのではないかということはTVの画面に映った時の頭髪の不自然さからずっとささやかれていましたが、それを決定づけたのが、小倉智昭さんのヅラが「トクダネ!」の本番中に取れてしまったハプニング映像がYouitubeで拡散されてからです。

「とくダネ!」オープニングで小倉智昭さんのかつらが落下

その動画は以下から見ることができますが、「トクダネ!」の冒頭のオープニングで、MCの3人が並んでお辞儀をする時に、小倉智昭さんのヅラが落下する、というショッキングなものです。この動画はYooutubeでも多くの視聴回数を稼いだ、いわゆるバズったものですが、しかしよく考えると、ヅラが飛んだ後でも、MCの3人は平気な顔で進行を続けていることとといい、通常はしっかり留まっているはずのヅラが簡単に落ちたことと言い、何となく不自然です。この動画は本物なのでしょうか。

出典: Youtube

東スポが「悪質な合成映像だ」と報じる

その点について、こういう話題ならまかせておけ、の東京スポーツが、いわゆる東スポが大きくで取り上げています。

出典: Naverまとめ

この画像でもわかるように東スポでは「生放送中 小倉キャスターカツラ落ちた」と大々的に報道していますが、同時に「悪質な合成映像をネット上に流す」とも記載しています。つまり東スポでは、この動画を巧妙に作られたニセ動画だといっているわけです。

確かにこのようなマスコミ会社の事務所では情報収集のために、TVのすべてのチャンネルを流しっぱなしにしているのが常ですから、この動画が本当に放映されたかどうかはすぐに分かるでしょう。その上で、実際に放映されていないことを確認し、合成映像と断じたわけです。

したがって、この極めて広く拡散された動画では、小倉智昭さんのハゲ疑惑は証明されないということです。

ネットでヅラバレ?

小倉智昭さんのハゲ疑惑は、ネット上でも格好のネタになっており、少し検索すると小倉智昭さんのヅラ写真がたくさん出て来ます。その中でも有名なのが以下の画像でしょう。

出典:小倉智昭

一見、本当に小倉智昭さんのヅラが浮いてヅラに隠されていたハゲが露呈してしまった、という画像ですが、しかしこの原典は、boketeという、写真にセリフや説明をつけて面白がる、ネット上の画像「大喜利」なので、この画像には信ぴょう性がありません。

そもそも本当のヅラであれば、額部分にはヅラを頭部を接合する、マジックテープなどがあるはずですから、このように見事にツルッパゲが見えたりはしません。したがって、これも先ほどの動画と同様に、フォトショップなどで作ったフェイク画像だといえるでしょう。

ヅラであることはカミングアウト済み!

しかし実はこのように、ハゲかハゲじゃないか、あるいはヅラかヅラじゃないか、ということの詮索は意味がありません。なぜなら小倉智昭さん自らヅラであるということを、堂々とメディアでカミングアウト済みだからです。

週刊文春で堂々とカミングアウト

その1番明確な事例は、2002年に「週刊文春」の「阿川佐和子のこの人に会いたい」で。ヅラ疑惑について振られた時に発言です。その中で、小倉智昭さんは堂々と

「別に隠してもいないし、皆知ってますよ」「ズレたりなんかしないし、長いのとか短いのとか持ってませんよ。僕は総カツラじゃないんだから(笑)。ほとんどが自分の髪なんだから」
「ちゃんとに1ヶ月に1回、美容院行って髪は切ってるし、スッポリ被ってるわけじゃないですよ」

と語っていることから明白でしょう。

TVでも真実を口走ったり

またやはり「トクダネ!」の中で、思わず自分のヅラについて口走ってしまった、という証拠動画も残っています。

出典: Youtube

これは「なりすましTwitter問題」に関するニュースを報道している時の動画で、自分がしてもいないつぶやきがTwitter 上でされている事例を示された時に、そのTwitter のプロフィール写真が自分と違うことを指摘する時の動画です。見ていただければわかりますが、明確に

「着てる髪、、、いや洋服いつもと違うじゃん」

と、自分のいつもしているヅラとTwitter のプロフィール写真の髪型が異なることを口走っています。これなども小倉智昭さんがハゲでヅラを使用していることの証拠といってよいでしょう。

したがって、小倉智昭さんがハゲているかいないかということを検証することは実は意味がないのです。結論は「ハゲている」「ヅラである」ということで明らかだからです。

問題はウスハゲか?総ハゲか?

しかし問題は残っています。それは小倉智昭さんは対談の中で「自分は総ハゲではなく部分ハゲ。ほどんどの髪は自毛」だといっていることです。それが、実はウソで本当はかなり進行したハゲではないか、あるいは総ハゲなのではないか、という疑惑です。そこでさらに小倉智昭さんはウスハゲが総ハゲかということを徹底検証していきます。

画像で証拠があるのはM字ハゲまで

小倉智昭さんがウスハゲまで来ていることが映像で証拠が残っています。それは以下のものです。

出典:小倉智昭

これを見ると、小倉智昭さんは明らかにM字ハゲというウスハゲまでは来ていることがわかります。

このM字ハゲはAGAという男性のハゲの原因のかなりの部分を占める毛髪トラブルの典型的な症状です。そして重要なポイントはM字ハゲは「進行性」のものだということです。つまりこの画像に写っているM字ハゲから、現在までどこまでハゲが進行しているのか、です。その検証をさらに続けていきましょう。

M字ハゲはどの程度悪化するか?

画像は小倉智昭さんの何歳の時のものか?

この画像が小倉智昭さんの何歳のころのものかはデータがないのでわかりませんが、柔道の吉田沙保里選手がオリンピックに出ている時の応援画像なので、2004年から2016年の中のいずれかででしょう。さらに推測すると小倉智昭さんがっかりしたような表情なので、おそらく吉田選手が金メダルを逃したリオデジャネイロオリンピックの2016年だと考えるのが妥当です。

仮に2016年だとすると、今から2年前で小倉智昭さんは69歳です。果たして2年間で小倉智昭さんのAGAはどこまで進行しているのでしょうか。

AGAの進行には個人差がある

「男性型脱毛症」が正式な症状名であAGAの進行速度には個人差があります。ただし一般的な症状としては、20代後半から30代にかけて発症し、徐々に進行していきます。しかし急激に悪化するということはなく、進行度合いはゆっくりであることが普通です。

ですから、小倉智昭さんの60代でこの程度のM字ハゲということは、仮に小倉智昭さんが30代の時に発症していても十分にあり得る話でしょう。

50代で加齢原因も加わる

しかし一方で50代以降は、30代のころに比べてAGAの進行は速くなるいということも言えます。なぜなら50代以降はAGAに加えて、加齢によって男性ホルモンの量が減り、それによってもハゲを発症するからです。つまり50代以降のハゲはAGAと加齢のダブルパンチによって、進行が速くなるのです。

したがって、仮に2年前にこの画像程度のM字ハゲだったとしても、今はここからかなり進行している可能性はかなり高いということです。

小倉智昭さんは実は糖尿病!糖尿病はハゲの進行を速める!

また小倉智昭さんは糖尿病です。これは2009年の東洋経済に小倉智昭さん自らが以下のように寄稿していることです。

塩分の摂取を止められた。精密検査の結果、腎臓が半分しか機能していないという。25年にわたる糖尿病の影響が大きいらしい。糖分を限りなくゼロにし、卵や魚卵を取るなと言われ、マイしょうゆを持ち歩く私に、さらなる仕打ち。

実は糖尿病とハゲには密接な関係があります。糖尿病は、血糖値が異常に上昇する病気ですが、これには血管を痛め、血流が悪化させるという症状があります。この症状が頭皮で発症すると、頭部の血行が悪化して、毛母細胞に栄養がいきわたらなくなり、その結果ハゲるのです。

したがって、小倉智昭さんの場合は上で挙げた、AGAと加齢に、さらに糖尿病が加わったトリプルパンチでハゲが進行しているということが言えるでしょう。つまり60代のM字ハゲは、相当のスピードで進行することがかなりの確率で考えられるのです。

質の悪い睡眠でもAGAが悪化

さらにAGAの悪化要因には、睡眠不足や浅い睡眠などの質の悪い睡眠があります。小倉智昭さんの場合、睡眠に関する悩みは確認されていませんが、しかしこれだけ売れっ子である以上、十分な睡眠がとれていると考えにくいというのが妥当な判断でしょう。つまり睡眠の点でも、小倉智昭さんのハゲはかなり進行していると考えられるのです。

結論!小倉智昭さんは限りなく総ハゲに近いM字ハゲ

以上の検証をベースに結論を出しましょう。

結論は、「小倉智昭さんは総ハゲかどうかについては確実なことが言えないが、少なくともかなり進行したM字ハゲだということは言える。つまり小倉智昭さんは限りなく総ハゲに近いM字ハゲである」ということです。

あるいはM字ハゲが進行すると、額の中央に残っていた髪の毛も失われていきますから現在ではM字ハゲから、磯野波平型ハゲにまでなっているかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

小倉智昭さんのハゲ疑惑について、可能な限り論理的科学的に検証し、かなり確実な結論を出すことができました。小倉智昭さん自身は自分のハゲ状態を「ほとんど自毛」と対談で言っていますが、これは16年も前のことであり、なおかつ、大きな犯罪を隠すために小さな犯罪をカミングアウトする、ということも世の中にはよくあります(ハゲは犯罪ではありませんが)。したがって、現在のリアルな小倉智昭さんの頭部の状況は、結論でも述べたようにかなり進行したハゲ状態であることはほぼ確実でしょう。ぜひそのような観点で、これからも小倉智昭さんの動向に注目していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク