プロ野球選手 摂津正は本当にハゲているのか?【徹底検証】

プロ野球のソフトバンクホークスの投手だった摂津正選手をご存知でしょうか。

球界きってのイケメンでなおかつ、中継ぎ投手の最高峰である「最優秀中継ぎ投手」と、先発投手、いや全投手の勲章である「沢村賞」の両方を受賞したことのある球界きっての素晴らしい投手です。

残念ながら今年引退してしまいましたが、しかしこの摂津元投手に不穏なウワサが流れています。

それは「摂津正はハゲているのではないか」というウワサです。

このウワサは本当なのでしょうか?そこでここでは、過去写真と現在写真を比べるなどして、徹底的に検証していきます。

元ソフトバンク

摂津正投手がハゲているというウワサが

摂津元投手がハゲているのでは、というウワサが流れ始めたのは、2014年ころです。

ネット上にこのような口コミも見受けられます。

「ソフトバンク・エースの摂津 言わずと知れたイケメンである!帽子をかぶっていれば・・・脱ぐと・・・髪が心配。エースだからハゲてほしくない 日本王者のエースはハゲては、ならぬ!持ちこたえろ摂津!スカルプD使ってでも現役は維持と気合で生えさせろ!ハゲるのは引退してからにしてくれ・・・頼む!ホークスファンとして非常にフアン(不安)?どうしたらいいかな~どうしたら誤魔化せるかなぁ~パーマかけるとか スポーツ刈り?髪ねてるからおかしいんだよ 髪たてるといいかも・・・いい方法ないですかねぇ~?ホークス ファンの方のみ回答お願いします!悪意のないアドバイスお待ちしております。」

引用元:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14139038879?__ysp=5pGC5rSlIOODj%2BOCsg%3D%3D

ですので、すでに5年前から摂津元投手が実はハゲているのではない、というウワサはまことしやかに流れていたわけです。

その後この摂津元投手がハゲているのでは、というウワサはネット情報の魔境である5chでも見受けられるようになりました。

「ハゲてもええんやで」
「ハゲは遺伝や
諦めや」
「いーんだよもう!結婚して子供いるんだから!
ハゲは男の勲章!」

引用元:なんJスタジアム
http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/48108343.html

この中で「ハゲに関してはファンはすでに知っているが、触れないのが思いやり」のような発言も見られます。

やはり摂津正投手がハゲているというのは、知る人ぞ知る、そしてにもかかわらず、触れてはいけない真実だったのでしょうか。

その摂津元投手本当にがハゲているのかどうかを検証する前に、

投手としていかに素晴らしかったかという点について、プロフィールを見て確認しましょう。

摂津元投手のプロフィールと成績~実はすごい選手だった

引用元:日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2013/member/member_settsu.html

摂津元投手のプロ野球での実績は

摂津元投手は1982年生まれの今年37歳

摂津元投手の生年月日は1982年6月1日で、秋田市に生まれました。ですから今年で37歳になります。

高校野球の殿堂である甲子園にも出場経験がありますが、高校卒業時にはプロ野球から声がかからず、そのままJR東日本に就職しています。

JR東日本では、先発として活躍し、2007年のワールドカップにも出場して活躍し、優秀投手に選ばれています。

その後2008年にプロ野球のソフトバンクホークスにドラフト5位で指名され、入団しました。

しかしドラフト5位というのは、ドラフト指名選手全体ではだいたい60番目の指名ですし、何より与えられた背番号は50番でしたから、この段階ではさほど評価は高くなかったというのが現実の話でしょう。

2009年いきなり新人で最終週中継ぎ投手

しかし入団した新人の年から、摂津元投手は活躍します。

2009年にオープン戦での成績を高く評価され、そのまま1軍の選手として開幕を迎えると、中継ぎ投手として起用され、5月8日の埼玉西武ライオンズ戦で早くもプロ初勝利を挙げています。

それ以降は、攝津元投手、ファルケンボーグ、馬原の3人で、9回のうちの7、8、9回を逃げ切る、いわゆる「勝利の方程式」の一角を担い、頭文字をとって「SBM」と命名されました。

プロ野球選手のあこがれであるオールスターにも選出され、結局この新人の年は、中継ぎとして70試合に登板、パシフィックリーグの新人最多登板記録を更新するほど、監督から頼りにされました。

1年目の成績としては39ホールドポイントを挙げ、中継ぎ投手の勲章である「最優秀中継ぎ投手」、プロ野球選手の生涯としては1回しか獲れない「新人王」のタイトルをW受賞しました。

つまりドラフト5位という評価の低いポジションから入団したにも関わらず、自分の力で実績を上げて、監督から頼りにされるようになり、その結果賞まで受賞したというわけです。

ある意味、ジャパニーズドリームの体現者と言ってもよいでしょう。

年俸も、1200万円から3800万円アップの5000万円になりました。昇給率は412%ですから、この点でもジャパニーズドリームだと言えるでしょう。

摂津元投手は翌年の2010年にも中継ぎ投手として活躍し、2年連続で最優秀中継ぎ投手に選ばれました。

まさに球界を代表する中継ぎ投手になったわけです。

2011年先発転向していきなり14勝

そして入団3年目の2011年には、摂津元投手は中継ぎから先発に転向します。

中継ぎ投手と先発投手は、前者は試合のある日は毎日球場に入り、そして投げられる準備をし、指名されれば試合で1回程度の短いイニングを投げるのに対し、後者はだいたい5日から6日に1回の登板でそれに合わせて徐々に準備をし、投げる時には7回程度の長いイニングを投げる、という点で、練習の仕方も準備の仕方も全く変わります。

ですから、中継ぎ投手から先発投手への転向は、簡単にはできないのです。

同じく読売ジャイアンツで9年連続60試合登板し、ジャイアンツの連覇に大きく貢献した、まさに最高の中継ぎ投手だった山口鉄也投手でさえ、何度か先発転向に挑戦しながら失敗し、結局中継ぎ投手として現役を引退しています。

それほど中継ぎ投手から先発投手への転向は困難な道なのです。

しかし摂津元投手は先発転向に成功します。

もともと社会人野球時代には先発だったということもあるでしょうが、転向した2011年にはいきなり先発として14勝を挙げたのです。

先発投手の合格ラインは10勝という二桁勝利で、それを4勝もオーバーした14勝という成績は、そのシーズンのパシフィックリーグ全投手でも、上から数えて5位以内でしたでしょうから、先発投手としても見事な成績を収めたと言えるでしょう。

2012年には17勝し投手勲章「沢村賞」に

摂津元投手の先発投手として最も輝いた年が2012年です。

投手の勲章である開幕投手に指名されて1勝すると、その後も着々を勝ち星を重ね、結局2012年は両リーグ最多となる17勝を挙げました。

タイトルも最多勝、最高勝率を受賞し、その年の先発投手の中で最も優れた成績を収めた投手に授与される「沢村賞」も獲得しました。

最優秀中継ぎ投手をとった投手が、沢村賞も受賞したというケースは摂津元投手が最初であり、現時点では最後です。

まさにこの年、摂津元投手はソフトバンクホークスのエースになったと言えるでしょう。

その後5年連続二桁勝利

その後、摂津元投手は、15勝、10勝、10勝と勝ち星を重ね、5年連続二けた勝利の実績を収めました。

3年連続すれば押しも押されもしないエースだと言える二桁勝利を5年連続でしたのですから、摂津元投手の実績は、球界の代表的な投手というにふさわしいものでしょう。

2018年引退!障害防御率は2点台

しかし2015年を境に成績は急降下し、そのまま摂津元投手は2018年を最後に現役を引退しました。通算成績は282試合出場79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2.98でした。勝利数の79勝も立派ですが、何より素晴らしいのは防御率が2点台ということです。

あの怪物、江川卓投手でさえ、通算の防御率は3.02ですから、摂津元投手の成績がいかに優れているかわかるでしょう。

摂津元投手の当主としての特徴は

生命線は抜群な制球力

摂津元投手はなぜここまで活躍できたのかというと、それは抜群のコントロール、つまり制球力があったからです。

コンパクトなフォームから平均球速約139km/hと、決して速くはない球に、緩急2種類のシンカー、スライダー、カーブを織り交ぜる投球スタイルは、剛球投手というよりは、技巧派投手の名前にふさわしいでしょう。

その技巧派を支えたのが、コントロールです。先発時代の通算成績では、1試合当たり与えた平均のフォアボールが2.06個と抜群の制球力でした。同じくパリーグのロッテマリーンズの主軸選手である今江敏晃選手からも「コントロールムチャクチャいいんですよ。テンポもいいしテークバックが極端に小さいからタイミングが取りづらい」と評価されています。

人柄は無口で地味

摂津元投手は写真で見る通り、目のきりっとした正統派のイケメンです。これでちゃらちゃらした性格ですと、嫌みな感じなのでしょうが、摂津元投手の場合は、このイケメンぶりを全く活用しない、無口さが性格的な特徴でした。試合で勝利したあとのヒーローインタビューでもアナウンサーから聞かれたこと以外は口を開かず、アナウンサー泣かせと言われていました。

またホームゲームでアイドルタレントやグラドルを招いて、始球式を行うことが多いのですが、摂津元投手は自分の先発の試合でそのようなセレモニーがあって、目の前にかわいいアイドルがいても、まったく眼中になく、グローブを右脇に挟んで仁王立ちしていました。

これをファンは「攝津立ち」と呼んでいます。それほど派手なことには目もくれない性格だったのでしょう。

引用元:http://mlbeat.com/wp-content/uploads/2015/10/7e9e19ed3233adec07acda1bdc0c50ce.png

摂津元投手がハゲているというのは本当か?写真で検証!

さて、摂津元投手はいかに選手として優秀だったかが分かったところで、いよいよ本題の、摂津元投手はハゲているのか、ということについて検証していきます。

まず摂津元投手が先発投手として活躍し始めた2012年ころの写真をご覧ください。

引用元:http://el-solitario.com/wp-content/uploads/2015/05/settsu01.jpeg

タレントと言われても納得してしまうほどのイケメンですが、見ての通り、ハゲの兆候は全くありません。

しかしこれが、引退を宣言した2018年の写真ですと、以下のようになります。

引用元:秋田魁新報

この写真を見る限り、明らかに摂津元投手の生え際は額中央部から後退しているようです。つまり、まだ「つるっぱげ」ではないものの、摂津元投手がハゲているというウワサは真実だったと言えるでしょう。

勝手に推測!摂津元投手がハゲた理由はなんだ?

なぜ摂津元投手はハゲてしまったのでしょうか。

大きなお世話ですが、その摂津元投手がハゲてしまった理由を推測して行きます。

最も可能性の高いのはAGA

写真を見る限り、摂津元投手のハゲ方は明らかに前頭部からハゲていく「U字」ハゲです。

U字ハゲになる最大の原因はAGAなので、おそらく摂津元投手もAGAなのではないでしょうか。

AGAとは「男性型脱毛症」のことで、日本では成人男性の3人に1人が発症すると言われています。

ですから確率的にも、摂津元投手の頭部で発症しても何らおかしいことはありません。

AGAがなぜ発症するかというとそれは以下のようなメカニズムからです。

髪の毛にはヘアサイクルがあります。ヘアサイクルとは髪の毛が生える2~6年の成長期、毛の成長が止まって抜けていく2週間の退行期、毛根が休止する3~4か月の休止期のことで、この2年から7年のサイクルで、毛髪は生まれ変わっていることを指します。

しかしAGAを発症すると、このうちの成長期が1年未満に短縮されてしまいます。すると毛髪が十分の育ちきる前にどんどん抜けて行ってしまうので、ハゲるわけです。

AGAが発祥する年齢は

摂津元投手は今年37歳ですが、AGAは10代からも発症します。

しかし多く場合は、40代後半から男性ホルモンの関係で発症し始めることが多いのです。

その点で言えば、37歳で発症した摂津元投手の場合は、やや早めの発症だと言えるでしょう。

AGAになりやすい人の特徴は

またAGAになりやすい人には以下のような特徴があります。

体質

AGAの原因は男性ホルモンがヘアサイクルの成長期を止める物質に変換されていまうことです。したがって男性ホルモンが変換しやすい体質の場合はAGAが発症しやすくなります。

毛深い

「毛深いとハゲる」という都市伝説はある意味正しい俗説です。なぜなら、体毛が濃いということは男性ホルモンが多いということなので、男性ホルモンが多ければ脱毛物質の発生する可能性も高まるからです。

遺伝

AGA自体は遺伝しませんが、AGAになりやすい体質は遺伝します。

加齢

先ほど書いたようにAGAは10代でも発症しますが、多く発症するのは40代後半の加齢現象が出るようになってからです。

まとめ

いかがでしたか。

どうやら写真を見る限り、やはり摂津元投手はハゲていると言って間違いなさそうです。

そしてその原因はおそらくAGAでしょう。

しかし仮にハゲだからとっても、摂津元投手の素晴らしい実績が色あせることはありません。

本人はプロ野球選手で指導者になりたいと言っているようですが、ぜひどのような髪形になっても、優れた指導者になってほしいものです。